Pocket

せっかくプログラミングを勉強するのであれば、無駄な時間を省いて最短ルートで駆け抜けたいと考えると思います。

しかしそんな考えもすぐに打ち砕かれるような瞬間が必ずやってきます。

avatar
私の場合、プログラミングを短期間で習得し、速攻で実務をこなしてやろうと意気込んでいましたが、結果的に誰よりも無駄な時間を過ごしてしまい、基本的な内容すら学び終えるのにめちゃめちゃ時間がかかったこともあります。

今考えると

『よくあのやり方で挫折しなかったな』

と思えるくらいのことをしていたので、客観的に考えるとめちゃめちゃ恥ずかしいです笑。

なのでここでは、プログラミング学習において高い確率で挫折する鉄板の失敗パターンについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

プログラミングの入り口は様々ありますが、結果を出している人は

『最初の入り口が共通している』

ことがほとんどなので、そこを理解できると無駄な回り道をせずに実務をこなせるようになりますよ。

プログラミング独学の失敗経験ならトップクラスの自信がある笑

どんな人でもプログラミング学習で

『あれは失敗したなぁ』

という経験は必ずあると思います。

もちろん私もその一人です。

avatar
というより、最初は失敗したことしかありませんでした笑

例えばプログラミンを初めて知ったばかりの頃

『プログラミング=言語を暗記すれば簡単にサービスが作れる』

という考え方を持っていたため、まずプログラミングの書籍を購入してコードを丸暗記するという行動を取りました。

avatar
学校の勉強的な考え方が強かった感じですね。
補足

もうこの時点で失敗するやつの典型的な例となっていますが、そのころは自分のやっていることが正しいと思っていたため、とにかく勉強している自分に満足していました。

いずれ自分がやっていることがどれだけ無駄なのかを教えてもらうことになるのですが、このように

『最初の段階で学習パターンを間違えると一切成長しない』

のがプログラミングの独学なのです。

プログラミングの独学は道を誤るとただ時間を失うだけの作業です

まずどんなスキルを習得するにしても、前提として考えておくべきことがあります。

それは

『インプット量よりもアウトプット量を圧倒的にこなした方が成長スピードは早い』

ということです。

例えばボクシングで世界チャンピオンを目指したいのであれば、基礎的な練習はもちろん大事ですが、それと同時に実践形式のスパーリングで経験を積んだ方が得られることは多いです。

基礎で学んだことをアウトプットの場として試合形式のスパーリングで試すことで、あれが良かった・これがダメだったと自分で評価することができます。

プログラミングに関しても同じです。

独学で毎回暗記ばかりに時間を割いたとしても、結局アウトプットに力を入れていなければ、自分が暗記したものを実務で使うことができるようにはなりませんので、結果的に時間の無駄に繋がります。

avatar
脳みそに入れたことをしっかりと吐き出すことがスキルアップの近道となります。

人生で一番大切なのは時間ですからこのことは前提として頭に入れておきましょう。

プログラミング独学の典型的失敗パターン

プログラミング学習の挫折率は他のジャンルに比べても明らかに高いです。

勉強を継続できる人が半分いたとしたら、そのスキルを実務に繋げられる人はさらに減っていきます。

avatar
挫折率が高いからこそ学習達成できたときのリターンがでかいんですけどね。

挫折率が高い人たちは、必ず

『挫折率が高いルートを自ら選んでいる』

ため、ある意味自分から挫折しにいっているようなものです。

挫折率が高いルートで成功を収める人もいますが、そのような人たちは

『誰よりも高い志を持ってプログラミングを学んでいる』

ことがほとんどなので、初心者が参考にするルートではないのです。

avatar
プログラミングを学んでこれをしたい!という強い意志があれば、どんなルートでも成功します。

では初心者がプログラミング学習で失敗するケースをいくつかご紹介しておきます。

以下の内容は、私の知り合いやエンジニアとして活躍している人から実際に聞いた話です。

プログラミングの本を買いに書店に向かう

ネットで色々と検索しているうちに

『プログラミング』

という言葉に出会い、自分で勉強を始めてみようと思いたち、真っ先に近くの書店に足を運びプログラミングの本を購入する。

これは学習パターンとしては定番のルートだと思いますが、実はこの行動は挫折率が高いことでも有名です。

というのも、プログラミングの本は膨大な数が出回っているため、良書と悪書が混ざって並べられています。

最近ではアマゾンなどで評価を見ることができるため、悪書を手に取る機会は減ってきましたが、それでも

『プログラミング学習は書籍で始めると脱落しやすい』

のはこの業界でもよく聞きます。

avatar
書籍だとテキストで理解してコードを書くため、実際にやってみるとエラーを起こしやすいのです。

実際に本で学習する流れから考えてみましょう。

まず本を手に取り、パソコンに向かいます。

そして本に書かれている内容通りにパソコンを操作していき、最初の数ページを進めることができました。

しかしそこで

『書籍に書いてあることを実行してもエラーになってしまう』

ようなトラブルが起こったとします。

そうなると、自分が頼れるのは本しかありませんので、そのエラーの原因を突き止めることが難しくなるのです。

検索能力のある人であればググって解決できますが、初心者の多くはエラーの原因すら分からないことがほとんどなので、結果的に

『や〜めた!』

となってしまうのです。

独学=全て自分でやるものだと思っている

そして独学に対する姿勢も挫折率に大きく影響してきます。

というのも、独学というのは学校や講師に頼ったりせずに、自分の力で学ぶことですが、プログラミングの独学に関しては

『最初から最後まで一人で遣り切る必要はない』

のです。

例えば最初の基礎の段階を勉強する場合、何も分からない状態でスクールに通ったとしても、講師は

avatar
『とりあえず基礎を身につけてください』

としか言えません。

補足

ここでしっかりと基礎を身につけることができれば、そこからは少し難易度の高いことにも挑戦できるようになるため、自分の力でできることも増えてきます。

しかしこの段階で一人で学び続けるのは効率がよくはありません。

avatar
むしろ自分で勉強できる習慣さえついてしまえば、早い段階でコミュニティやスクールに通った方が効率よくスキルを高めることができるのです。

最初から最後まで独学をしようとすると、結果的にエラーやデバック作業で時間を失うことが増えるため、独学する時期は独学、それ以外は人に教わるという感じで

『独学に対する考え方を柔軟に持っておく』

必要があるのです。

▼独学に対する考え方

基礎を学ぶ段階:講師も基礎を学ぶことを伝えることしかできないため、独学でも問題なし

サービスを生み出す段階:難易度が少し上がるため、できれば自分一人ではなく誰かに質問できる環境を作っておく必要がある。

コードを写経して自己満をしてしまう

これも結構やりがちなことですが、自分でコードを写経して実行し、それが動いただけで

『俺って天才じゃね?』

と思ってしまう私のような性格の方は注意が必要です笑。

avatar
はい。めっちゃ満足していました笑

写経を勘違いしているような人であれば、コピペして実行して満足するというパターンもあります。

プログラミングはちょっとしたミスでもコードは正常に動きません。

ですがそのミスを見つけずにコピペで全てを済まそうとすると、結局コードを正しく理解することができないため、その時点で成長も止まってしまうのです。

常に

『なぜ動いたのか?』

を頭で考えていき、写経で自己を満足させないような考え方を持つことが大切です。

最終的な目標は実務で使えるスキルを身につけることですからね。

投資資金をケチって全部無料で学ぼうとする

本気でプログラミングを学ぼうとすると、とにかくお金が必要になります。

例えばプログラミングスクールに通う場合、少なくても数カ月で数十万円の費用がかかるため、投資資金をケチると安い教材しか買えません。

今は月額費用が安くて良質なコンテンツを提供しているサービスも増えてきているため、学習環境という点では数年前よりも圧倒的に充実していますが、それでも最低限の投資資金は必要です。

avatar
月に数万円程度の費用でも学習できるサービスはたくさんあります。

自分が勉強したいと思って大学に数百万円のお金は使えるのに、なぜかプログラミングスクールなどには投資できないという人はたくさんいます。

プログラミング学習の注意点

最終的に投資資金をケチっていると、時間だけがすぎて数カ月前の自分と何一つ変わっていないということもありますので気をつけましょう。

プログラミングの独学で大きな成果を出した人の成功パターン

横一列で並んで

『よ〜いドン!』

をしても、すぐにゴールにたどり着く人と全く進まない人がいます。

avatar
プログラミング学習に関しては、これが露骨に差として現れます。

ではなぜ同じ時間にスタートしているのに大きく成功する人とそうではない人に分かれてしまうのか?

結果を出す人はとにかく投資資金を惜しまない

プログラミング学習という今まで身につけたことがないスキルを得るために、あなたはどれだけの投資ができますか?

もちろん投資する金額はそこまで重要ではありません。ですが

『迷わず投資できるというマインド』

が将来的な成長に大きな差を生みます。

例えば

avatar
『うわ〜、プログラミングスクールに通うのってこんなにお金がかかるのか〜』

と思っている場合、その一歩が踏み出せずに無駄な時間を過ごしがちです。

しかし成功できる人というのは

avatar
『プログラミングスクールは少し高いな‥。でも仮にここで数カ月学んでスキルを身につければ、その後実務で案件を2つこなせば余裕で回収できるな。そうすればスキルと投資資金の両方を得られるわ!』

と前向きに捉えることができるのです。

補足

今までの人生で、何か新しいことを学ぶ際にはみんな当たり前のように自己投資をしています(塾や予備校・大学など)。

どんなことでも『わずかなブレーキが人生を壊す』と言われているように、この投資資金に対する考え方は必ず頭に入れておきましょう。

ただしプログラミングに関しては、高いお金を払えば良いものが学べるとは限りません。

必ず払った金額以上のリターンが得られる学習環境をこちらが選ぶことが重要です。

人に教えを請うことに迷いがない

人は一定の人生経験を経ると、なぜか人に何かを教わることを嫌がる傾向にあります。

avatar
これは正直私も人のことを言える立場ではないんですけどね。気をつけるようにしてます。

年齢を重ねれば重ねるほど人から学ぶことが嫌になってきますので、当然スキルを身につける場合でも自分でなんとかしようとします。

ですがプログラミングに関しては、これはめちゃめちゃ遠回りなので謎のプライドはどっかに捨ててきましょう。

むしろ人に教えを請い、その教わったスキルを存分に生かしたほうが自分の人生は圧倒的に豊かになります。

私も一時期は誰かに教わることを極端に嫌がっていた時期がありました。

しかし今考えると

『なんであんなに意地はっていたんだろう‥』

と思ってしまいます。

スキルを身につけるために迷わず教えを請うことができれば、それだけでも挫折率は格段に下げることができますよ。

1→10全てをやろうとしない

プログラムというのは、何も自分の手で1から全部書く必要はありません。

avatar
その辺の学校の試験のように暗記力を競う競技ではありませんので、ネット上に出回っているコードが使えるのであれば、それを遠慮なく使わせてもらいましょう。

必要な部分だけコードを使わせてもらい、それ以外の部分を自分のコードで埋めることができれば、それだけでもサービスを作ることができます。

プログラミングコードあるあるとして

『自分が何時間もかけて書いたコードよりもいいコードがネット上に転がっていた』

ということは多々ありますので、1→10の全てをやろうとせずに、自分の目的を達成するために必要なコードをカスタマイズする感覚で実践していきましょう。

まとめ

プログラミング学習の独学で挫折する人たちには共通していることがたくさんあります。

なのでそれを理解し

『そのルートを辿らないように気をつける』

だけでも、結果は大きく変わっていきます。

今まで学んだことがない分野なので苦戦するのは当然です。ですが対処法をしっかりと理解しておくだけで結果は大きく変わってきますよ。

  • プログラミング教材を積読する
  • 意地でも独学で勉強しようとする
  • 完璧なサービスを生み出すことだけを考えてしまう

くれぐれもこのような失敗パターンの典型的なルートを辿らないように気をつけてくださいね。将来性のあるプログラミング学習を継続して頑張っていきましょう。

Pocket