Pocket

毎日コツコツとプログラミングの学習をし続け、そこである程度の基礎知識を身につけられた!となれば、いよいよどっぷりとプログラミングの世界に入り込んでやるぜ!と思いつつ、実際に基礎を一通り学び終わってみると

『あれっ?ここから何すれば良いんだ?』

と、手が止まってしまう瞬間がやってきます。

これは初心者ならば理解していただけるはずです。

avatar
どれだけ基礎を学んだとしても、それだけでざくざくアプロケーションが作れるようになるわけでもありません。

むしろ

『基礎を学んでからが本番』

になるため、ここで学習をやめてしまってはなんの意味もありません。

では実際に、基礎学習が終わったその先は何から取り組んでいけば良いのか?今回はその点についてお伝えしていきたいと思います。

プログラミングの基礎を学習したその後意外と手が止まりがち

私が最初にプログラミングを始めた理由は、ある一つのサービスを作り出すためでした。

avatar
なので、明確な目標を持ってプログラミングの学習を始めたため、基礎を学ぶことも全く苦になりませんでした。

ところが実際に基礎を学び終わってみると、これから自分がどのようにしてそのサービスを作り出せば良いのかが全く分からない時期があったのです。

なぜこのような事態に陥ったのか?

それは

『いきなり難易度の高いプログラミングサービスを作ろうと思ってしまったから』

です。

基礎が終わった段階で作れるサービスというのは、そこまで大層なものではありません。

しかし私は基礎を学んでしまえばあらゆるサービスを開発できると思っていたため、この自分の実力と生み出すサービスのギャップに悩むことになったのです。

いくら基礎を学習したといっても、自分ができることには限りがあります。

プログラミングの基礎を学んだ後は何をすべきか?

結論から言ってしまえば、プログラミングの基礎を学んだ後は、とにかく自分の手でサービスを作り出す(アウトプット)することをメインとして行動していきましょう。

avatar
もし最短でエンジニアなどに転職することを考えているのであれば、転職保証付きのスクールを活用して実務経験を積んだ方が成長は早いです。これはプロとして活躍する人たちが共通して話すことでもあります。
補足

単純にプログラミングのスキルの伸ばすのであれば、初心者でも簡単に作ることができるパズルや電卓などのアプリを作ってみたり、実際にネット上に公開されているサービスを真似たものを自分の手で作るなどして、とにかくコードを書いていくことを優先していきましょう。

私の場合、最初に基礎を学んでからも不安が強かったため、何度も何度も基礎学習ソフトを使ってプログラミングの基礎ばかりをやっていました。

しかし今考えると、あの時早い段階でアウトプットメインの行動を起こしていれば、今よりも早いスピードで成長できたなぁと思っています。

では基礎を学んだ後は、具体的にどのような行動をとっていけば良いのか?

その流れを一通り解説しておきます。

プログラミングの学習サイクルを決めておく

まずは自分の中で、プログラミングの学習サイクルを確立しておきましょう。

例えば私の例で考えてみると、まず最初に基礎学習を徹底的に行いました。

そこからコードを覚えることばかりに集中してしまい、アウトプットの時間をほとんど確保せず一時的に成長が止まってしまいます。

プログラミングの基礎を学ぶ

徹底的に基礎を覚えるためにコードを暗記する

基礎学習を繰り返す

avatar
この流れになってしまうと、いつまで経ってもアウトプットの時間が確保できなくなりますので、学校の勉強で暗記をしているのと同じことをしてしまいます。

ですがプログラミングは『実務』で使えなければ何の意味もありません。

なので理想としては

プログラミングの基礎を学ぶ

基礎を使ってサービスを作ってみる

分からないことはググったり人に聞く

この流れで学習をしていくと

『実践しながら知識を取り入れる』

というスタンスになるため、効率よくスキルアップができるのです。

とにかくアウトプットメインで考える

そしてどんなに知識を取り入れたとしても、このアウトプットの量が少ない場合は成長スピードを早めることはできません。

むしろ最初の段階で知識がなかったとしても、とにかくアウトプットすることを意識している人たちは驚異的な伸びを見せます。

avatar
私の知り合いにもど素人としてプログラミング学習をしている人がいましたが、この人はとにかく新しいサービスを生み出すことに貪欲でした。

まずはサービスを一般に公開し、そこからお客さんのフィードバックを得て修正していく。

この繰り返しをしていくうちに、気づいたら数十万人の人たちに使われるようなアプリを開発していたと言います。

どんなサービスであっても、最初の段階では未完成なものが多いです。

サービスを公開する

お客さんのフィードバックをもらう

アップデートで修正していく

私たちが使っているようなアプリでも、常にアップデートを繰り返しながら変わり続けていますよね?

知識を取り入れることは重要ですが、それよりもまずは

『知識を吐き出していく』

ことをメインで考えることが重要なのです。

1つサービスを完成させてみる

基礎を学んだ段階では、まだプログラミングでサービスを開発していないはずです。なのでとにかく最初は自分ができる範囲のもので良いので、1つサービスを作り出していきましょう。

そこで1つ作品を作ることによって

『プログラミングを学んでサービスを生み出せる』

ことが分かれば、そこからは知識を後付けしていくだけです。

avatar
どんなにプログラミングの良書を読んで、分かりやすいサイトを参考にしたとしても、プログラムを書いていない人が圧倒的な結果を残すことはできません。

スポーツで考えるのであれば、めちゃめちゃ練習はしているけれど、1回も試合に出たことがないようなものです。

試合に出なければ得られないことがたくさんありますので、まずは下手でも良いので実践することを考えていきましょう。

補足

最初は分からないことだらけで不安になると思いますが、今は優秀なプログラミング教材がたくさん出回っていますので、それを参考にしていくことをおすすめします。

こちらの『プロゲート』は無料で使えて簡単なサービスを作れるオススメの教材になります。

目次に戻る▶▶

プログラミングの基礎を学び終わった初心者がハマりやすい落とし穴

プログラミング学習にスタートラインがあるとすれば、それは

『基礎学習が終わった段階』

だと私は考えています。

ここで一列に並んでよーいドン!をすることになります。

最短ルートで駆け抜ける人たちというのは、先ほどお伝えしたように、とにかくコードを入力して実践を繰り返していきます。

avatar
成長が止まりがちな人ほどコードを打ち込む作業をしていないことが多いです。

逆にスタートを切ったのにノロノロしているな‥という人たちは、心の不安を取り除くために基礎ばかりを勉強しがちです。

プログラミングは学習を進めていく中で知識を付け足していき、全てを理解する必要はありません。

自分が作ってみたいと思うサービスがあったとしたら、そこに使われているコードはそんなに多くなかったりしますからね。

分からないところが出てきたら調べる、また分からないところが出てきたら調べる。この繰り返しをしていくことで、気づいたら

『自分って成長したな』

と思える日が来るはずですよ。

インプットして満足してしまうのは危険

これは何を学ぶにしても言えることだと思いますが、とにかく人はインプットするとめっちゃ勉強した気持ちになります。

特に学校の成績が良かった優等生のような人はインプットで満足してしまうことが多いようです。

しかし社会に出てしまえば、学校で勉強したような暗記学習がほとんど役に立たないことがすぐに分かります。

むしろ知識の量よりも、どれだけアウトプットできるかどうかが成功するかどうかを大きく左右します。

avatar
取り入れた量よりも吐き出した量が成長を左右します。

現代はインターネットを使って調べごとをすれば、すぐに知識が得られる時代です。となれば、私たち人間は

『既存の知識を組み合わせて新しいサービスを生み出す』

ことをしなければならないのです。

インプット満足病にかかってしまうと、プログラミングで結果を残すことが難しくなりますので、常にアウトプットを優先することを忘れないようにしましょう。

周りを頼ろうとしないのは損しかしない

そして基礎学習がしっかりと終わったのであれば、なるべく早い段階でプロのエンジニアさんや講師の方の教えを受けた方が良いです。

というのも、ずっと独学でプログラミングを実践し続けると、必ずエラーなどで多大なる時間を奪われることになります。

avatar
エラーの原因を調べで解決するスキルはもちろん重要なのですが、最初の段階でここに時間を使ってしまうと、挫折率が高くなってしまいます。

せっかくプログラミングの学習環境が整っているのであれば、プロの人たちに直接指導を受けた方が無駄な時間を過ごすことがなくなるのです。

プロのサポートが受けられるスクール

→TechAcademy [テックアカデミー](就職までサポートあり)

→テックキャンプ(転職成功率99%)

周りを頼るというのはダサいように思われるかもしれませんが、むしろ自分の成長を早めてくれるブースト的役割を担ってくれるため、積極的にスクールや勉強会に参加することをおすすめします。

意地になって周りを頼らない場合、最終的に損をするのは自分自身です。

変なプライドは捨てて、なるべく早い段階で人に教わるようにしましょう。

目次に戻る▶▶

プログラミングの基礎力の重要性は必ず理解しておこう!

今考えてみると、プログラミングの基礎学習はめちゃめちゃ退屈でした。

『早くサービス作りたいなぁ~』

と思いながら頑張って基礎を学んでいましたが、結果的にその基礎学習が今の自分を作っています。

avatar
実際プログラミング言語はたくさんありますが、基本的な部分はどれも似たようなものです。これに気づくことができると、基礎さえ学んでしまえば後々の学習が楽になることが分かってきます。
補足

1つのプログラミング言語を学ぶことができれば、その基本的な知識を他言語に応用できるため、この一歩さえクリアできれば途端にプログラミング学習が楽しくなっていくのです。

基礎だけでは新しいサービスは生み出せませんが、この基礎をおろそかにしてしまうと後々の自分の首を絞めることにもなりますので、必ずプログラミングの基礎力の重要性を理解しておきましょう。

人気記事  安くてスキルが身につくプログラミングスクールを厳選してみた!

Pocket