Pocket

私のように、新しくプログラミングを勉強してスキルを身につけ、エンジニアとして活躍することを考えている人はたくさんいると思います。

しかしプログラミングを学ぶ際に一番最初に気になること。

それは

『数あるプログラミング言語の中で、自分はどれを勉強すべきなのか?』

ということです。

一括りにプログラミング言語と言っても、実際にはたくさんの種類が存在します。

何も知らない状態で1つの言語に絞って勉強した場合

『あの言語を選んでおけばよかった‥』

なんて後悔することを心配するかもしれません(実際に私がそうでした笑)。

avatar
最初はめちゃめちゃ慎重に学ぶ言語を選んでましたね。

なのでここではプログラミング言語の将来的な話について、私なりの見解をお伝えしていきたいと思います。

最初に一つだけお伝えしておきますが、最初に学ぶ言語に関しては、そこまで慎重にならなくても大丈夫ですよ。

【将来性あり!】今後需要が高まるプログラミング言語をはこれ!

まだプログラミングを習得し始めた私がどうこう言えるような世界ではありませんが、ちょっと前までこの業界を知らなかったからこそ言えることもあります。

正直な話、プログラミング言語でできることはそう多くはないと思っていました。しかしある程度理解してくると

『プログラミング言語を学ぶことで世界を変えられる』

と話している起業家の言葉が理解できるようになりました。

avatar
これが大げさではないことが腑に落ちた感じですね。

そこから私のプログラミング熱が高まりまくったんですけどね笑。ではみなさんが最も気になる部分である

『これからの時代需要が高まるプログラミング言語は何なのか?』

その点について考えてみましょう。

需要が高まれば、それだけ言語を学ぶことによるリターンは大きくなります。
avatar
ちなみに、すでに需要のあるプログラミング言語であっても将来性のあるものはたくさんあります。

Python

コードがシンプルで使いやすいのにも関わらず、機械学習やAI(人工知能)の開発に使われる便利なプログラミング言語であるPythonは、将来性という意味ではおそらくトップクラスに注目されているものでしょう。

avatar
日本だとRubyの方が注目度が高いと言われていますが、海外ではこちらのPythonの将来性に注目している意見が多くなっています。

いずれ来るグローバル化の流れを考えても、やはりこのPythonという言語は外すことができません。

補足

今はまだそこまで案件も多くはないため、収入も高いとは言えませんが、この先5年10年と月日が経った時に、Pythonを使うエンジニアの給料は圧倒的になっていることでしょう。

将来的な年収アップを狙いたいのであれば、積極的にPythonの学習をしておくべきでしょう。

  • 将来的な需要:★★★★★
  • 難易度:★★★
  • 案件の数:★★
Pythonが学べるスクール

→Tech Academy(テックアカデミー)マンツーマンサポートあり

JavaScript

この先さらにインターネットが発展していくことは、誰の目から見ても明らかです。そうなった場合、今使われているWEB系の言語の需要も高まっていくことになります。

avatar
こちらのJavaScriptという言語は、フロンエンド(見える動作を処理)とバックエンド(見えないサーバー上のやりとりを処理)の両方に使われている言語であるため、今後ますます需要が高まっていくことでしょう。

嬉しいことに、このJavaScriptに関しては、開発環境も楽に作れるため、WEB系の言語を学ぶ初心者でも安心して取り組むことができます。

補足

HTML・CSSを学び、そこからJavaScriptを学ぶ流れが一般的となっていますので、もしJavaScriptに興味がある場合には、まずHTMLとCSSの基礎を学んでおきましょう。

ちなみにプログラミングスクールでJavaScriptを教えている場所はたくさんありますので、そちらを活用してみても良いかもしれません。

  • 将来的な需要:★★★★
  • 難易度:★★★★
  • 案件の数:★★★★
JavaScriptが学べるスクール

→Tech Academy(テックアカデミー)マンツーマンサポートあり

PHP

こちらのPHPに関しては、この先需要が高まるというよりも、すでに需要の高い言語であるため、将来性という意味では上気した2つの言語にはやや劣るかもしれません。

しかし個人的には

『プログラミング言語の中で、最も取り組みやすい』

と思っているため、最初に取り組む言語としておすすめしておきます。

avatar
PHPの案件は多数出回っていますし、一度スキルを習得してしまえば仕事に困ることはほとんどないでしょう。

HTMLに埋め込むことができるオープンソースのスクリプト言語となるため、アプリ開発や動的なWEBページを作る場合に必要となります。

多くのエンジニアが

『PHPは学びやすい言語』

だと話しているため、もしどの言語を学ぼうか悩んでいるのであれば、こちらのPHPから始めてみるとプログラミングにどっぷりハマることができるかもしれませんよ。

  • 将来的な需要:★★★
  • 難易度:★★
  • 案件の数:★★★★

目次に戻る▶▶

時代と共に変化し続けるプログラミング言語

インターネットが進化し続ける限り、今後も新しいプログラミング言語が続々と登場することでしょう。

それを考えると、今から新しい言語を勉強しても数年後には使えないのでは?と思ってしまいそうですが、実際のところはそんなことはありません。

補足

むしろ正しい方法で1つの言語を学ぶことができれば、他の言語を勉強する際に同じ要領で知識を取り入れることができるため、短時間でスキルを身につけることができると言われています。

avatar
それぞれの言語は全く違うんじゃないんですか?
avatar
いや、実はそんなこともないんですよ。
avatar
知らなかった‥
avatar
なのでとりあえず1つの言語をマスターすることを考えるのが一番の近道です。

そもそもなぜ世界中にこんなに多くのプログラミング言語が出回っているのか?それは私も疑問に思っていたことでした。

考え方としては、ナイフさえあれば物を切ったりできますが、斧やカマなどに形を変えることで、より便利に物を切ることが可能です。

プログラミング言語もこれと似たような考え方で、それぞれのサービスに合わせて言語を変化させているのです。

実際に勉強をしてみると分かりますが、基本的な部分はどの言語も同じようなことを学びますからね。

今後プログラミングの世界はどう変わっていくのか?

私はプログラミング言語を開発できるような脳みそは持ち合わせていないため、頭の良い人たちが考えている具体的な未来はサッパリ分かりません。

ただ一つだけ分かることは、この先プログラミング言語はさらに多様化していくことでしょう。

というのも、今まではインターネットを便利に使うための言語でしたが、これからはブロックチェーンやAI(人工知能)、IoTなどの新しい技術が一般的に使われるようになります。

補足

今のグローバル化の流れを見ても、この先伸びるであろう言語はある程度絞られてきています。

正直な話、AI(人工知能)の技術が当たり前のように使われる世の中を想像することは難しいです。

avatar
映画のような世界になるのか?それとも全く見たことない世界になるのかは全くわかりません。

しかしいずれ来るその未来の中でプログラミング言語は必ず使われることになりますので、大げさに言ってしまえば、プログラミング=世界を帰る技術とも考えられるのです。

目次に戻る▶▶

時代の流れから需要のあるプログラミング言語を見極める

パソコンやスマホを当たり前のように使うことが続けば、この先プログラミング言語を使わない時代はまずやってきません。

むしろ世界的にインターネットを利用する人の割合が増えれば増えるほど、プログラミングの需要も高まります。

まだ世界で高いプログラミングスキルを持った人はそう多くはありません。

そんな中で、一部の時代の流れを見極めた人たちが巨万の富を作っているのが現実です。

avatar
億万長者になっている人の多くは、プログラミングのスキルをマスターしていますよ♪
avatar
それなら私も勉強しようかな笑

今後私たち日本人が考えなければならないことは

『日本の流行ではなく世界の流行を知ること』

です。

島国の民族である日本人は、あまり外に目を向けることはありません。

しかしプログラミングというのは

『世界共通言語』

となるため、世界で使われているものがやがて日本でもスタンダードになるのです。

小さな世界で満足するのではなく、せっかくプログラミングを勉強するのであれば、世界に目を向けてスキルを高めていきましょう。

1つの言語を極めれば多種の言語を扱うことは可能

今回の内容を見て、もしかしたらプログラミングの学習意欲が高まったかもしれません。

しかし一つだけ注意しなければならないことは

『いきなり全ての言語を学ぼうとしないこと』

です。

これは私も過去に失敗した経験があるため、先にお伝えしておきます。

avatar
というのも、この先需要が高まると言われる言語を優先的に勉強しようとすると、自分が作りたいサービス度外視で学習を始めようとします。

ですがプログラミングは

『自分が作ってみたいもの』

を最初に設定し、そこから必要な言語を学んでいく流れが最も効率よくスキルアップできます。

どんなに需要が高まりそうな言語であっても、自分が興味を持てないものだとモチベーションが上がりませんからね。

自分が作りたいものを見つける

その作りたいものがどの言語で作られているのかを調べる

実際に言語を学び、同じようなサービスを作り出してみる

まず最初に学びたい言語を決め、そこである程度スキルを高めてから他の言語に移ることで、効率よく学習を進めることが可能です。

トレンドではなくまず自分がやりたいことを優先すべき!

プログラミングを学んで、自分が将来的にどうなりたいのか?このビジョンを明確にしておきましょう。

例えば

『プログラミングを学んで、年収を大幅にアップさせたい!』

というのであれば、年収が高い言語を選ぶのが良いですし

『いずれAI(人工知能)などの技術と関わりたい』

のであれば、Pythonなどの言語を選択するのがおすすめです。

avatar
トレンドはあくまでもトレンドなので、まずは自分がやりたいことを優先させ、そこからどのような言語を学ぶのかを考えていきましょう。

この順番を逆にすると、嫌なことをやらなければならないことにもなりかねませんからね。

目次に戻る▶▶

まとめ

今後需要が高まる言語というのはある程度決まっています。

もちろんこれから新しい言語が登場することも考えられますし、今使われている言語の需要が少なくなることも可能性的にはゼロではありません。

avatar
ただ、どんなに流行に流されたところで、結局自分のスキルが必要とされなければ何の意味もありません。
プログラミングは完全実力社会ですので、どんな言語であっても、努力を続けた人に仕事を依頼することになります。

それを考えると、世の中のニーズを考えるよりも、まずは自分のスキルを高めることを先決し、そこから時代に合った言語を新しく学んでいくのが良いでしょう。

どれも中途半端で何もできない状態になると、これこそ一番意味のない学習になってしまいますからね。

人気記事 安くてスキルが身につくプログラミングスクールを厳選してみた!

Pocket