Pocket

不景気だリストラだ何だと言われることが多い昨今ですが、そんな中でめちゃめちゃ景気の良い話ばかりをしている業界があります。

もうお気づきだとは思いますが、それが

『プログラミングスキルを持っている人たち』

です。

avatar
スタバやコワーキングスペースでカタカタとコードを打っている人たちですね。

プログラミングというスキルを習得することで、今深刻な人材不足だと言われているエンジニアとして活躍することができるようになります。

20年前までは、エンジニア=パソコンオタクがやるものだという価値観だったのが、今では

『これからの時代に必須のスキル』

だと言われるまでになりました。

それはインターネットの発達をみれば誰でも理解できることだと思います。

そんな中で

『プログラミングバブルが起こっている?』

その真相について詳しくお伝えしていきたいと思います。

ぶっちゃけ今からプログラミングを学ぶことは、あなたの人生にとってプラスにしかなりません。その理由もしっかりとお伝えさせていただきますね。

最後まで読めない方向けの記事まとめ

・IT市場は年々右肩上がりに伸びているためプログラミングの需要は今後さらに加速する
・とにかくスキルのあるエンジニアが不足している
・ほとんどの人がプログラミングを難しいと思っているため参入してこない

プログラミングスキルを身につけるとガチで儲かる!?

ダラダラと話を続けても仕方がありませんので、結論からお伝えさせていただくと、プログラミングのスキルを身につけることができれば、ガチで儲かります!

これは私自身や私の周りの人たちを見ても断言できることです。

avatar
IT業界はプログラミング以外も儲かりますが、その中でも儲かっている人が多いのがこのプログラミングです。

しかもおまけとして

『働く場所に縛られない』

ことや

『働く時間を調節できる』

というメリットも付いてきますので、正直激アツなスキルとなっているのです。

フリーランスやリモートワークといった働き方がこれを実現しています。

こんな話をすると

『そんなにうまい話があるわけない』

と思われるかもしれませんが、事実なので仕方がありません笑。むしろ将来的なIT業界の流れを考えると、今現在のエンジニアの給料は

『まだまだ安いくらい』

とも考えられるのです。

実際に全く関係ない業界からプログラミングを学び、半年・1年で年収を何百万も増やしている人はゴロゴロいます。

特に『転職保証』を付けているプログラミングスクールを利用した人たちは、実際に年収を上げているデータもあります。

転職保証が付いているオススメのスクール

→TechAcademy [テックアカデミー](転職平均67万円アップの事例あり)

→テックキャンプ(他スクールとの年収差100万円の事例あり)

将来的にエンジニアが脚光を浴びる時代がやってくる理由

様々な情報を調べてみて一番感じることは

『今はまだプログラミングスキルの重要性を認知された段階』

だということです。

もちろんこの業界で長いこと活躍している人たちからすると、プログラミングスキルの重要性は深くまで理解されているはずです。

avatar
しかし一般人からすると、まだまだプログラミングがどれだけの可能性を秘めているのかがいまいちよく分かりません。

ですがこの先、プログラミングスキルを持っている人たちには

『あらゆる業界から引っ張りだこ』

になることは間違いないと言い切れます。

とにかくスキルのあるエンジニアが少ない

プログラミングスキルを持っているエンジニアというのは数多くいますが、それでもIT産業の拡大スピードに追いついていないため、まだまだエンジニア人口が少ないのが現実です。

avatar
その中で、高いスキルを持ったエンジニアというのはごく少数です。
補足

高いスキルというのは、難しいことができるという意味ではありません。全体的な仕組みを理解し、顧客のニーズを汲み取った仕事ができるエンジニアが少ないということです。

会社勤めで言われたことはこなせるが、自分の力で新しいサービスを生み出すことができるエンジニアというのは、想像以上に少ないのです。

となると、正しい方法で学習し、多くの環境でスキルを磨き続けることができれば、この先時代が求めるようなエンジニアへと成長することは誰でもできるということです。

ただし月収1000万円を超えるような超天才エンジニアになるのは

『本当に一握りの人たちだけ』

なので、まず目指すべき報酬としては、月収100万円以上に設定しておきましょう。

IT産業の拡大に人材の数が追いついていない

世の中にパソコンが出てきたことによって、私たちは気軽にインターネットという世界にアクセスできるようになりました。

avatar
しかしこの時点ではまだネットが一般層に浸透したという感じではなく、便利なものが世の中に登場したという感覚だったと思います。

その後、ガラケーから『スマホ』に切り替わった途端、インターネット産業が急速に拡大していきました。

というのも、スマホひとつあればいつでもどこでもネットにアクセスできる環境が整ったことにより、パソコンだけだった時代よりも圧倒的にアクセス数が伸びるようになったからです。

となると、スマホを使った新しいサービスの提供や、ネット広告の効果も大きくなりますので、どんどんIT産業が拡大していくのです。

これから先IT業界が衰退していくというデータを出しているところは私は見たことがありません。

この先もさらにIT業界は拡大していくことが予想されますので、サービスを提供する側のエンジニアの人材不足もさらに深刻化していくことになるでしょう。

プログラミングが難しいと思われている

ここは重要なポイントですね。正直な話、私が最初にプログラミングを勉強し始めた頃は

『何これ?めっちゃむずくないか?』

と思いました。これは本音です。

というのも、プログラミングというのは『言語』という表現をするだけあって、初めて英語やその他の外国語を勉強する時くらいの衝撃を受けます。

avatar
ある程度仕組みを理解するとそこまで難しいことはやっていないのですが、慣れるまでは外国語を読んでいる感覚が続くため難しいと感じてしまうのです。

ネット上でプログラミングが難しいと叩いている人たちは、この段階を乗り越えることができなかった人たちです。

※プログラミングは基礎の基礎を学ぶときが一番キツイです。というのも、全く全体像がわからない状態でコードを覚えていくので、自分が今何をやっているのかが明確にならないため挫折しやすいのです。

むしろこの違和感を克服し、本当の意味でプログラミングを学習できるようになった時が一番面白いんですけどね。

なのでプログラミングスクールがビジネスとして成り立っているのも、この最初の段階を徹底的にフォローしてくれるからだということです。

プログラミングを学び自分でバブルを起こす5つの方法!

『プログラミングに関する前置きは良い!俺はとにかく儲かりたいんだ!』

という方のために、ここからは自分で意図的にプログラミングバブルを起こす方法を暴露しちゃいたいと思います。

avatar
とりあえず、まずは最初に実績のあるプログラミングスクールを活用し、この業界に転職してしまうのが一番手っ取り早いんです。

実績のあるスクールとしては、やはりTechAcademy [テックアカデミー]テックキャンプは有名ですね。

最初にお伝えしておきますが、プログラミングを学んで就職するというのは、あくまでも

『一つの選択肢』

です。

ここがゴールではありません。

その他の選択を取ることによって、自分の手でプログラミングバブルを起こすことができますよ♪

自分がプログラミングを教える側に回る

まず一つ目の選択肢としては、自分自身がプログラミングを未経験者に教える側に回ることです。

なぜこれが儲かるかというのは、仕組みを知れば

avatar
『あ〜なるほどね!』

と思ってもらえるはずです。

例えばあなたがプログラミングを教えられるくらいのスキルを身につけたとしましょう。

そうすると、今まで一度もプログラミングをやったことがない人は、あなたのスキルに価値を感じます。

仮に未経験者を集めて

『月に1万円でプログラミングを教えます!』

というサロンを運営した場合、三十人の受講生がいれば、それだけで毎月30万円のビジネスになるのです。

人数を増やせば増やすほど入ってくる収入を増えていきますので

『教える側に回る』

という考え方は一つ選択肢として持っておきましょう。

高い報酬を得られる案件をこなせるスキルを身につける

なかなか人に教えることが得意ではないという場合には、次の選択肢として

『自分のスキルを磨いて、高い案件をこなせるようになる』

のがオススメです。

エンジニアとして活動する中で、高額の案件を依頼される人というのは

『スキルが高い』

『周りに高い案件の話を持っている人がいるかどうか』

の2つです。

avatar
高額な案件というのは一般に出回らないことが多いため、エンジニア同士の交流は大切にしましょう。

どんなに人脈が広くても、最低限のスキルがなければ仕事を振られることはありません。

補足

しかし一度スキルを身につけてしまえば、あとは人脈を通して高額な案件を流してもらえるようになりますので、高い報酬で働くことができるようになります。

エンジニアとして高い収入を得たいという場合には、純粋にスキルや実績を積み上げていくのが一番の近道なのかもしれません。

自動で収入が得られるサービスを開発する

プログラミングバブルを意図的に起こす方法はまだまだありますよ〜!自分のスキルを磨いて高額な報酬を得るという方法は

『誰かのサービスの開発を手伝う』

ことになるため、得られるのはお金だけです。

もちろんこれだけでも十分だとは思いますが、いずれは

『自動で収入が得られる仕組み』

を作ることを考えてみても面白いでしょう。

人の案件をこなす:報酬はもらえるが、そのサービスは相手企業が扱うことになる。

自分でサービスを生み出す:失敗すれば報酬は得られないが、当たればそのサービスが継続的な報酬を生み出してくれる。

例えば自分でアプリを開発し、それが毎日何十万人もの人に使われるようになれば、それだけでも自動で報酬が発生する仕組みが作れます。

プログラミングは案件を受ける以外にも

『自分でサービスを作り出すスキル』

があるため、わざわざ企業で定年を迎える必要はないのです。

avatar
会社勤めはあくまでも自分のステップアップだと考え、最終的な目標をここに設定しておくのも一つの選択肢になります。

プログラミングでサービスの作り方を商品にする

そしてもう一つ面白いやり方というのが

『サービスを作り出す方法を商品にする』

ことです。

どういうことかというと、例えば株の取引を自動で行ってくれるサービスを自分の手で作り出したとします。

その商品自体を販売するのも一つの戦略ではありますが、あえてこのサービスの作り方を商品として販売することで、自分のアウトプットと収入を組み合わせることができます。

プログラミングを教えるのはあまり得意ではなくても、自分で作った商品であれば誰でも解説することは可能ですよね?

avatar
実はほとんどの人がやっていないだけで、世の中の人たちはプログラミングで作られた便利なサービスの作り方にはめちゃめちゃ興味があります。

しかもそれが便利なものであればなおさらです。

このような商品を数万円単位で販売すれば、新しい商品を作るたびに収入を生み出す仕組みを作ることができるのです。

これも面白いやり方だと思いますよ。

プログラミングに関しては、独学で勉強すると挫折する可能性が高いので、スクールなどを上手に活用し、高い報酬が得られる人材へと成長していきましょう。
おすすめプログラミングスクール

まとめ

色々と裏側を暴露してきてしまいましたが、もし今回の内容でプログラミングをスキルを身につけるモチベーションが上がったのであれば私は満足です笑。

avatar
プログラミングと調べてみると、多くはスキルを身につけて就職する流れに持っていこうとしますが、一番利益を出せるのは実はそこではなかったりします。

もちろん最初は大変なことも多いですが、一度仕組化ができれば、あとは自動で報酬が生まれる流れを作ることが可能です。

一つ収益の柱ができると気持ち的にも余裕が生まれますので、今後自分が挑戦できそうなものがあったのであれば、まずは一度やってみてください。

補足

ちなみに私も今後展開しようとしているサービスがありますので、そちらもいずれはこちらのサイトで紹介させていただきます。

人気記事 安くてスキルが身につくプログラミングスクールを厳選してみた!

Pocket