Pocket

私自身も最近力を入れ始めたツイッターですが、このツイッターとブログの組み合わせは大きな集客効果を生み出すことができます。

最近ではツイッターとブログの紐付けは当たり前のようなノウハウとなっていますが、個人的には

『2つの媒体を組み合わせるだけではそこまで意味がない』

と思っています。

もちろんこの2つを関連づける事によるデメリットもあるため、考えもなしに関連づける事は基本的にお勧めしていません。

なのでここではツイッター×ブログを使った集客のコツについて具体的に掘り下げていきたいと思います。

ツイッターとブログを連携させるとメリットはあるのか?

そもそもツイッターというのは、140文字という決められた文字数で呟くことが決められています。

この世の中にツイッターが出てきた時は

『こんなつぶやきだけで誰が使うんだよ』

と思っていた私ですが、今考えると本当にビジネスセンスのカケラもなかったなぁと反省をしております笑。

少量の文字を呟く事による多大なるメリットがあるのに気づかず、表面的な部分だけで判断していると、大きなチャンスを逃す事にもなってしまうのです。

少量の文字を呟く媒体であるツイッターに対して、ブログはボリュームのあるコンテンツをいくらでも書くことができる媒体です。

自分の信念や読者に伝えたいことを具体的に文字に残すことができるため、より自分の考えや信念に共感してくれるファンを集めることができるのです。

特徴の違う2つの媒体ではありますが、この両者をうまく使いこなすことで、相乗効果的にアクセスを集めることができるようになるのです。では具体的に両者の強みについて見ていきましょう。

ブログ集客の強み

私がメインで使っている媒体は、こちらのブログになります。

ブログに関しては数多くの強みがあるため、今後ネット集客を考えている場合には、積極的に取り入れていただきたいものになります。

一度記事投稿をすれば放置でアクセスが集まる

例えば私が1年前にブログの記事を書いたとします。その記事を長期間放置していても、ネット上にブログが存在する限り、その記事を読んでくれるユーザーはいます。

もちろんコンテンツの質が高くなければgoogleが評価する事はありませんが、独自の視点からオリジナルコンテンツを作成すれば、それが価値ある資産として長期的に残り続けるのです。

もしそのような記事が100・200と溜まっていけば、それだけ多くのユーザーを集めることができます。

コンテンツを作るのに労力はかかりますが、それでも将来的に放置でアクセスを集められることを考えれば、このブログの記事投稿は

『資産を積み上げている』

事になるのです。

ブログ自体が育っていく

そして記事が溜まっていけば、アクセスを集め続けることができますし

『ブログ自体も強くなる』

のです。

ネット上では毎日無数のブログが生み出されています。新しく登場したブログのレベルが1だとすれば、1年前からコツコツと記事を積み上げてきたブログのレベルは10くらいに上がっているようなイメージです。

もちろん価値あるコンテンツを積み上げていけば、そこからさらにレベルを上げることができるため、google側からの評価も高まり、本当の意味で放置でもアクセスを集め続けてくれるブログとなるのです。

考え方としては、アクセスは

『ブログの栄養素』

みたいなものです。

たくさんアクセスが集まれば、それだけブログが栄養素を吸収して育っていきます。

逆に長期間運営しても、アクセスを集めることができなければブログが育つ事はありませんので、その点だけは頭に入れておきましょう。

他のSNSと絡めることができる

ブログというのはSNSと絡める事によって、より大きな力を発揮します。例えば今回ご紹介しているツイッターとの関連付けをすると

『ツイッターしか使っていないユーザーをブログに流すことができる』

ため、ブログで集めることができなかったお客さんを呼び込むことができます。これはかなりの強みです。一般ユーザーの中には

  • ツイッターしか使っていない人
  • facebookしか使っていない人
  • インスタしか使っていない人
  • youtubeしか使っていない人

など様々な人がいます。

この人たちを自分のブログに呼び込むためには、積極的にSNSを活用するしか方法がありません。

ブログ単体であれば、ネット集客でしか集めることができないため、ある程度お客さんの属性は絞られます。しかしSNSを上手に絡めることができれば

『あらゆる媒体からお客さんを呼び込むことができる』

のです。

この考え方を持っておくことで、自分のブログの強みを生かす運営スタイルを考えることができるようになります。

ツイッター集客の強み

ではこちらのツイッターの強みは一体なんなのか?

ブログと比較するという感じではなく、ツイッターだからこその魅力を理解することで、後々の集客アップに繋げていきましょう。

アクティブユーザーが多い

まずツイッターという媒体は、世界各国で3億人のユーザーがいると言われています。

正直3億と言われてもピンときませんが、それだけたくさんのユーザーが使っているSNSだということを理解しておきましょう。

しかもツイッターの魅力はそれだけではなく、アクティブユーザーの比率が70%とも言われています。

アクティブユーザーというのは、定期的にツイッターを利用している人の割合です。

例えばブログの場合、一度記事を書いたら放置でもアクセスを集めることができますが、ツイッターの場合は定期的に呟かなければアクティブユーザーという判断はされません。

この中にツールを使っている人も含まれるかもしれませんが、それでもアクティブユーザーの多さはSNSの中でもトップクラスになります。

積極的に活用することで、良いフィードバックが得られるのもツイッターだからこそのメリットと言えるでしょう。

自分のつぶやきが多くのフォロワーに拡散される

実際にツイッターを使ってみると分かりますが、自分が呟いた内容を多くの人が共有できる

『リツイート』

という機能があります。

この機能を使うことで、自分のアカウントだけではなく、リツイートしてくれた人のアカウントでも自分の呟きを見ることができるのです。

仮に自分のフォロワー数が10人しかいなくても、誰か一人が自分のつぶやきをリツイートしてくれて、その人のフォロワー数が1000人いたら、その1000人に自分の呟きを見てもらうことができるのです。

初心者の場合、なかなか簡単に拡散される事はありませんが、それでもふとしたきっかけでリツイートが増えることもありますので、多くの人に喜ばれるツイートを心がけておくと良いことが起こるかもしれませんよ♪

バズる可能性が高い

そしてこの『バズる』という言葉もツイッターならではの魅力です。バズるというのは、簡単に言ってしまえば

『ソーシャルメディアを使った爆発的な拡散』

のことを言います。

例えば原宿に芸能人がお忍びでデートをしていた場合、その現場を目撃した人がツイッターで呟き、それが一気にバズるような事態が起こることがあります(盗撮とかは絶対ダメですよ)。

このバズるというのはたくさんのメリットがありますが、それと同時に当事者となると数多くのデメリットやリスクが潜んでいますので、モラルのない呟きというのは避ける必要があります。

ビジネス的に有益な情報を届けているのであれば、このバズることでたくさんのメリットがあります。

無名だった人が、ある日突然1つのツイートがバズり、そこから知名度が上がることもしょっちゅうあります。

正しい使い方さえできれば、バズりを味方につけることができるのもツイッターの大きな魅力と言えるでしょう。

ツイッター×ブログで集客力を上げるための考え方

それぞれの媒体の強みを簡単に解説してきましたが、ここまでの話で2つの媒体を絡めることで大きな成果が出せそうな感じがしてきましたか?

もちろんただの雑記ブログや芸能ブログでわざわざツイッターを絡める必要はありませんが、自分が信念を持って取り組みたいと思っているジャンルに関しては、積極的にツイッターを活用していただきたいのが私の本音です。

ではこの2つを使ってどのようにして集客力を上げていくのか?そのポイントとして私が意識しているのは3つです。

それぞれの媒体の強みを生かす

まずはブログとツイッターそれぞれの強みを活かせる使い方をする必要があります。ブログは

『質の高いコンテンツを作る』

ことでお客さんに喜ばれるメディアに成長します。

対してツイッターは

『一言でお客さんに興味を持ってもらえるようなツイート』

をすることで、自分という存在に興味を持ってもらうきっかけを作ることができます。

もし仮にツイッターを使いながら

『こちらのブログで自分の情報を発信しています!』

ということを伝えれば、日々のツイートに興味を持ったフォロワーたちが、ブログを読んでくれる可能性は高まります。

そしてブログを見たユーザーが

『このブログ記事は為になる』

と思ってくれれば、その記事自体を自分のツイッターアカウントで紹介してくれるかもしれません。

ツイッター→ブログ、ブログからツイッターと人が流れることで、それぞれの媒体の強みを生かしたマーケティングが実現できるのです。

必ず2つの媒体のデメリットを把握しておく

そしてこの2つを絡める際には必ず

『どんなデメリットがあるのか?』

を正しく理解しておく必要があります。

例えば私の事例を挙げると、ブログで情報発信をしていて、ある日ブログとツイッターを絡めて運営することを始めました。

ブログで完結するような運営スタイルだったのが、ツイッターを絡めたことにより

『ツイッターしか使っていないお客さん』

も集めることができるようになり、アクセスがグンと上がったのです。

しかしアクセスが上がると同時に、自分が伝えているブログの内容に対する批判コメントも出てくるようになりました。

その当時はがむしゃらにフォロワーを集めることだけを考えていましたから、あらゆるアカウントをフォローしていました。

そうなると、ただツイッターで人を叩きたいような人たちも集めることになる為、ネガティブな要素が増えてしまったのです。

ここから学んだ事は

『自分が求めている人以外をフォローする必要はない』

という事です。

数ばかりにフォーカスをしていても、いずれ自分が苦しむことになります。フォロワーの数ではなく

『大切な人だけ』

を集めることができれば、それがいずれ大きな影響力を持つことを知ったのです。

このように、デメリットを把握することで、2つの媒体を絡めた効果的なアプローチが取れるようになります。

最終的に落とし込む場所を決めておく

どんな媒体を使ったとしても、最初の段階で『ゴール』を決めておきましょう。

例えばブログ内で自分のサービスを紹介したいのであれば、ブログがゴールとなりますし、ライン@やメルマガにお客さんを誘導したいのであれば、そちらに呼び込む必要があります。

あなたが求めているゴールが一体何なのかは私にもわかりませんが、お客さんが迷わずに導線を辿れるようなブログ構成を考えておくことで、より多くの見込み客を集めることができます。

どんなに良いコンテンツを提供しても、お客さんが次の行動を迷ってしまうような構成になってしまっては意味がありません。

あなたに興味を持ってくれたお客さんに気持ちよくサービスの購入や登録をしてもらえる流れを考えつつ、あらゆる媒体を絡めた集客を実践していきましょう。

まとめ

私の周りでは、ツイッターだけを使って毎月大きな金額を稼ぐような人もいます。なのでわざわざブログを開設しなくても、ツイッターで完結するビジネスを実践すれば、それだけで結果を出すことも可能です。

人気のツイッターアカウントを見つけて

そのアカウントがなぜ人気なのか?

もし自分が同じくらいのフォロワーを集める為には何をすれば良いのか?

それを考えるだけでもビジネススキルは飛躍的に伸びていく事でしょう。

とはいえ私もフォロワーがそこまで多くはない為、今後アカウントを充実させる為にも積極的にツイッターという媒体を活用していきたいと思います。

Pocket