Pocket

ブログを運営する際に重要になる項目の一つとして、この『直帰率』があります。

直帰率が高いブログというのは、基本的にはgoogleからの評価が低いとされており、この直帰率が高い原因を取り除くことによって評価の高いブログを構築することができます。

今回は直帰率に関して詳しく掘り下げていきたいと思います。

直帰率が高くなるブログの特徴、直帰率を下げるためのちょっとしたコツなどを詳しく解説していきますので、ぜひ今回の記事を参考にしてブログを修正してみてください。

そもそも直帰率とは?

まず直帰率についておさらいしておきましょう。

この直帰率というのは、自分のブログを訪れてくれたユーザーが1ページしか閲覧せずに離脱することを言います。

例えば今あなたが私のブログの記事を読んでいますよね?検索エンジンからこの記事を見つけて読み始めた場合、まずは1ページ目を読んでいることになります。

そして私のこの記事を読み終わり、次に私の他の記事を読んだ場合

『直帰ではない』

という判断になります。

逆にこの記事を読んでブログを離脱した場合は

『直帰』

になりますので、直帰率としてカウントされることになります。

サイトの直帰率が高いということは、ユーザーのニーズに答えられていないという判断にもなりますので、ブログ運営をする場合には、この直帰率を下げる工夫が必要となるのです。

直帰することは必ずしも悪くはない

この直帰率に関しては様々な意見がありますが、実は直帰率が高いというのは単純に

『価値のない記事』

という判断にはならないのです。

例えば、あなたが検索したブログの記事の内容が濃く、時間をかけてしっかりと読み込んだとします。その1記事で自分の知りたいことを深くまで知れた場合、1記事読んだだけでも満足して帰ることができますよね?

そのためユーザーの満足度は高いのですが、直帰率としてはカウントされるため、これは改善する必要があるページだとは判断できません。

せっかく滞在時間の長い記事を書いたのに、直帰率が高いという理由で手を加えてしまうと、逆に評価の低い記事になる可能性もあります。ここはブログを修正する際には注意したいポイントです。

直帰率を改善する方法

ではここからは、自分のブログの直帰率を下げるためにやるべきことをご紹介していきます。

実はちょっとした工夫でブログの直帰率は改善することができます。

膨大なアクセスを集めている場合には直帰率が高くなることが多いですが、ある程度のアクセスであれば直帰率を下げるための工夫をすることですぐに数字に表れるでしょう。重要なポイントをいくつかまとめてみました。

ページの滞在時間を調べよう!

まず直帰率を調べる際に

『googleアナリティクス』

の導入は必須です。

もし導入していない方はすぐにアナリティクスを導入してデータを解析していきましょう。

ここではgoogleアナリティクスを導入している前提で話を進めていきます。

まず直帰率を改善する前に

『ページの滞在時間』

を見る必要があります。

というのも、ページの滞在時間が長ければ記事自体はしっかりと読まれている可能性が高いので、記事の修正をする必要はありません。

内部リンクの位置や関連記事を変えることによって直帰率が変わりますので、まずはその記事がユーザーに読まれているかどうかをチェックしていきましょう。

目安としては、平均滞在時間が2分以上であれば記事は読まれているという判断をして問題ありません。

滞在時間が短く直帰率が高い場合

まず一つ目のパターンとして、滞在時間が短く直帰率が高い記事は今すぐに修正する必要があります。

というのも、滞在時間が短いということは、そもそも

『記事が読まれていない』

可能性が高いので、記事の修正をする必要があります。

滞在時間が短いままの記事で内部リンクを充実させても直帰率が変わることはありませんので、まずは自分が書いているキーワードとニーズがマッチしているのかを確認していきましょう。

滞在時間が短いというのは

『ユーザーが求めている情報ではない』

可能性が高いので、しっかりと修正する必要があります。

タイトルや見出しに関しても一度見直す必要があります。

ページの導線を意識する

直帰率を改善するために重要なポイントとしては

『ページの導線を意識すること』

になります。

例えば検索したキーワードであなたのブログにユーザーが訪れた場合、まずはその記事を読んで情報を得ようとします。

ちゃんとした記事を書いていれば、下の方までスクロールして記事を読むことになるため、記事の終わりに関連記事を掲載しておくことは必須です。

そして記事の途中でも内部リンクを目立たせておくことによって、そちらの記事に飛ぶこともできるようにすることで直帰率を下げることもできます。

平均滞在時間が長いことも重要ですが、記事を読み終えた後に他の記事のリンクも見せることによって1記事読んで離脱してしまわないように工夫していきましょう。

導線を意識することで大きく直帰率を下げることができます。

タイトルと記事内容をもう一度確認する

直帰率を下げるためには、検索ユーザーが何を求めて自分の記事を読んでいるかを把握することが大切です。

例えば

『カフェ 代官山』

というキーワードで検索をしたユーザーが

『代官山にあるオシャレなカフェ10選』

というタイトルのブログを見つけて訪れたとします。

しかし、そのブログに書かれていることが代官山のカフェではなく南青山のカフェの情報だった場合、すぐに離脱してしまいますよね?

検索したキーワードとマッチしていない情報が書かれた記事の場合、離脱率は極端に高くなりますので、タイトルと記事内容がマッチしているかどうかは必ずチェックする必要があります。

自分が問題ないと思っていても、直帰率として数字にリアルに表れますのでここはしっかりと確認しておきましょう。

ちなみにクリックされやすいタイトルのつけ方のコツもありますので、こちらも参考にしてみてください。

スマホユーザーに対応する

最近ほとんどのブログのテンプレートには

『レスポンシブ対応』

されていますが、まだレスポンシブ対応していないテンプレートもあるため、それを使っているとスマホユーザーから読みづらいブログになってしまいます(レスポンシブ対応というのはスマホに対応したテンプレートのこと)。

最近では検索ユーザーの半分以上はスマホから検索しているため、このレスポンシブ対応は必須となります。

今運営しているブログをスマホで見たときに、読みやすいブログになっているかをもう一度確認してみてください。

レスポンシブ対応していても、改行のやり方を間違えると読みづらいブログに見えることもありますので、記事を書いたら必ずスマホで確認することを忘れずに行いましょう。

ちょっとしたことで直帰率は大きく変わる

今回ご紹介したことを意識するだけで、直帰率は大きく下がることでしょう。

今まで直帰率を意識していないブログ運営をしていた方は、今回のポイントを抑えればgoogleからの評価の高いブログに変えることもできます。

滞在時間やPVは重視されがちですが、この直帰率を意識しているブログ運営者はあまりいませんので、他と差別化を測るためにも、まずは自分ができるところから改善していきましょう。

ちなみに大きな金額を稼いでいるブログアフィリエイターほど、この直帰率を意識しています。

最終的に上位表示するのは

『細かい部分まで意識している』

ブログだけですので、まずはちょっとずつブログの修正をしていきましょう。

Pocket