Pocket

いつも通り週末が終わり、今週もまた同じ時間に起きて、同じ時間に電車に乗り、同じ時間に会社に出社する。

日によっては満員電車の中でイヤホンからシャカシャカ音漏れする若者にイラついたり、体臭のきついおじさんが近くに来たりして、通勤するだけでもストレスが溜まることもある。

毎月決まったお金を振り込んでもらうためにやりたくもない仕事をこなし、家路に着く。そんな毎日を繰り返していると

『自分は一体なんのために働いているのか?』

を疑問に思う瞬間が出てきます。

会社を辞めたらお金が稼げずに生活ができない。だからと言って、今の生活を続けていても明るい未来が想像できない。過去の私はこのような気持ちで毎日満員電車に揺られて働いていました。

日本では、なぜか仕事=つまらないものだという解釈をしている人は多いですが、一部の人たちは本気で仕事を楽しみながらこなしていることも事実です。

では現状、仕事にやりがいを感じることができず、毎日

『辞めたい』

と思っている場合、その生活から抜け出すために何をすべきなのか?

ここでは私の体験談を交えて色々とお伝えしていきたいと思います。

世界幸福度ランキング最底辺の日本‥

まずは今私たちが暮らしているこの国の現状を理解しておきましょう。とは言ってもほとんどの人が知っていることだと思いますが、とにかく日本という国は、他の国に比べて幸福度が圧倒的に低いことで有名です。

1位フィンランド2位ノルウェー、そして18位にアメリカが位置していますが、日本はというと、なんと54位www。

ランキングは156位まであるのですが、裕福な暮らしができている国の中では低いランキングに位置しています。これはどうにかしないとヤバいやつですね。

もちろん文化の違いがこのランキングを作っているのかもしれませんが、実際に周りの人たちを見ても、幸福だと胸を張って言えそうな人たちは少ない感じもします。

この先日本の少子化が進み、今後さらに不景気が加速すると言われていますし、子供が減る国が経済を発展させた事例は今までにないというデータもあるため、このままだと暗い未来しか待っていないような気がしてなりません。

今の仕事がつまらないと感じる理由

仕事=お金を稼ぐものだという解釈をしている人も多いかもしれませんが、せっかく仕事をやるんだったら面白く、やりがいを感じるようなものを選びたいのが本音だと思います。

ですが、ただ会社に雇われて仕事をこなしているだけだと、正直つまらないと感じることもたくさんあります。

今の仕事がつまらない‥そう感じている人たちにはいくつか共通した理由があります。

自分のスキルが足りずに結果が出ない

実際に仕事がつまらないと感じている人に話を聞いてみると、多くの場合

『思ったように自分の仕事が評価されない』

ことが理由として挙げられていました。

例えば新入社員として会社に採用され、働き始めてから数ヶ月の新人さんが、いきなり

『仕事がつまらない』

と思っても、それは仕事を覚える前の段階の話なので、仕事自体を楽しめるスキルが身についているはずがありません。

自分のスキルが未熟で仕事がこなせない場合、間違いなく仕事がつまらないと感じるはずです。

逆に会社の仕事を頑張って覚えていき、自分のスキルが高まっていけば、それだけこなせる業務も増えていくため、やりがいを感じる仕事は必ず出てくるはずです。

ある一定ラインの業務をこなせない状態で仕事がつまらないと思っている場合には、自分のスキルが足りないことが一番の原因だと考えられるのです。

人間関係が最悪な環境

会社の人間関係に不満を持っている人!と聞かれれば、昔の私は間違いなく

『はいっ!』

と元気よく返事をしたことでしょう笑。

今でこそある程度の自由を手に入れてはいますが、昔会社で働いていたときは、正直

『なんであなたに怒られなければいけないんだよ‥』

と不満やグチしかありませんでした。

サラリーマンという働き方は、理不尽なことで怒られても我慢するのが常識のような風潮がありましたが、私はその社会にい続けたら間違いなく精神がやられると思ったので、どうにかして会社で働く以外の選択肢を作るために死に物狂いで頑張りましたね。

人間関係というのは、私たち人間にとっては人生に一番影響を与えるものになります。

どんなに好きな仕事をしていても、人間関係が最悪であれば働く気がなくなりますし、逆に人間関係が良好な環境であれば、多少辛いことでも乗り越えられたりします。

この点に関しては、会社を辞めたくなる理由でダントツトップに入る悩みだと思います。

そもそも会社員に向いていない

これは甘えだと言われれば全て終わってしまいますが、現代はインターネット社会となっているため、会社で働かずともビジネスを成り立たせることができます。

昔であれば、サラリーマンという働き方以外の選択肢がなかったため、会社員に向いていない人でも我慢しなければなりませんでした。

しかし現代はある意味

『自分が会社員に向いていないと思えば、わざわざその働き方を選択する必要はない』

時代です。

私の知り合いでも、会社員として働くのを辞め、自分でビジネスを立ち上げて大成功している人もいます。

自分の長所を活かせる仕事は何かを見つけることさえできれば、もう小さな枠組みに縛られる必要はないのです。

もちろん個人で働くのはリスクもありますが、それでももう一つの選択肢として持っておくと、気持ちに余裕が生まれるのです。

ただし、仕事がこなせないだけなのに会社員は向いていないという判断をすると、個人でビジネスを初めても同じことで悩むことになりますので、その点だけは間違えないようにしてください。

仕事ってお金のためにするものなの?いや‥絶対に違いますね

仕事に対する考え方は人それぞれ違うとは思いますが、それでも私は絶対に

『お金のために働くという考え方はしない』

です。

人間は人生の大半の時間を仕事に注ぎます。

20歳そこそこで社会に放り出され、そこから何十年もの間働き続けることになるため、お金のために仕事を頑張るとなると、人生の大半をお金を稼ぐことに使うことになります。

となると、自分が死ぬときに

『自分の人生は紙切れを集めるために使った』

という解釈もできるため、本当に幸せな人生を過ごせるはずがないのです。

逆に信念を持って仕事に取り組み、お金以外の部分を重要視して働くことができれば、本当の意味で充実した人生を過ごすことができます。

お年寄りが死ぬときに一番後悔することは

『もっと自分がやりたいことをやるべきだった』

というやらなかったことに対する後悔です。お金のために働く、これは絶対に自分のために時間を使っていることにはなりません。

仕事=自分の人生そのものだという考え方を持つと、お金を稼ぐことが目的ではなくなるはずです。

仕事がつまらなすぎて辞めたい場合、一番にやるべきこと!

自分の理想的な未来を想像したところで

『今の生活を捨てるのは簡単じゃない』

というのが本音だと思います。

私も会社員を辞める時はそりゃ勇気がいりましたよ笑。

正直私の考えは、会社をいきなり辞めるのはオススメしません。正直日本の社会はレールから外れると、もう一度レールに戻るのはとても難しいため、大きなリスクを取るのは危険だからです。

とはいえ、そのリスクを背負って会社を辞めるような人の多くは、セルフイメージさえ上げれば途端に成功するんですけどね笑。

ただ、現状仕事がつまらないと感じている場合、会社を辞める前にやるべきことがいくつかあります。まずはこれらを考えた後に、自分らしい働き方ができる環境を探してみましょう。

辞めたい原因を正確に突き止める

そもそもなぜ自分が会社をつまらない・辞めたいと思っているのかを具体的に理解していますか?

ほとんどの場合、会社を辞めたい理由を明確に答えることができない人が多く、会社を辞めたところでまた同じことを繰り返すことがほとんどです。

なぜつまらないと感じるのか?どうして辞めたいと思っているのか?まずはここを明確にしましょう。この点は私の事例を挙げた方が分かりやすいですね。

私の場合、まず毎日同じ時間に通勤する満員電車が死ぬほど嫌でした笑。

そして会社の人間関係の面倒臭さ、自分の仕事のルーティーンに飽き飽きしていたこと、上司の給料を見て自分の未来が想像できてしまったこと、スキルを伸ばせなかったことが辞めたい理由でした。

言ってしまえば

『今の会社で働き続けた自分の未来は想像できてしまった』

のが辞めるきっかけでしたね。

もしあなたが新しい漫画を買って、その漫画の結末を最初に知ってしまったら、まず読む気になりませんよね?

それと同じで、私も自分の人生をある程度想像できてしまったため、もう働く気力が失せてしまいました。

自分がなぜ会社を辞めたいのか?まずはここを明確にすることで、自分の新しい未来が見えてきます。

お金を持っている自分を想像し、その時何をやりたいかを考える

お金に関しては、生きていく限り必ずつきまとう問題です。

お金がないからできないことはたくさんありますが、その中で一番に考えていただきたいのは

『もし自分がお金を持っていたら何をするのか?』

ということです。

もし今手元に何億ものお金があり、それでも自分が働いている会社に通勤したいですか?

おそらくほとんどの方は会社を辞めて自分がやりたいことをするでしょう。そのやりたいことが何なのかを知ることが一番重要なのです。

例えば私の場合、会社を辞めて一番やりたかったことは、会社という枠組みに縛られずに、好きなときに好きな場所に行ける生き方でした。

それ以外にも趣味などたくさんありますが、やはり一番叶えたいことは社会の枠組みから抜け出すことでした。それを実現しようと思った場合、昔働いていた会社から抜け出す必要があったのです。

そして自分でビジネスを立ち上げ、会社ではなく

『インターネットさえあれば仕事ができるスキル』

を身につけることが目的を達成するために必要不可欠だったのです。

それが分かってからは速攻行動に移しましたね笑。もし自分がお金を持っていた時

『どのような生き方をしたいのか?』

を考えることで、それを実現するためのピースを探すことができるようになります。

目の前のことに全力を注ぎ、その後辞めるか考える

どんなことでも、中途半端な気持ちで決断をすると、後々痛い目に遭います。

例えば仕事を完璧にこなせない人が独立をしても、自分で生計を立てられるようになるとは思えません。

もちろん意識が変わって成功することもありますが、それでも目の前のことに全力を注ぐスキルというのは必ず必要です。

となった場合、会社員として働く中で

『仕事が嫌だから辞める』

という考えで退職しても、まずうまくいかないのはある程度想像できますよね?

仕事は完璧にこなせるけど人間関係が嫌だ、という場合には別の環境で成功する可能性はありますが、自分のスキルが足らずに仕事が嫌になった‥という場合には、まず自分が今抱えている仕事を完璧にこなせるようになることから始めるべきです。

面白い仕事はありません!なぜなら‥

世の中に面白い仕事が存在すると思い、転職に次ぐ転職を繰り返している場合、その考え方はまず捨てた方が良いと思います。

というのも、そもそも面白い仕事というのは基本的にありません。

仕事というのは自分が信念をもってやれば面白くなりますし、逆にただの作業だと思って働いていればつまらなくなります。

結局は

『自分のマインド次第』

であるため、仕事に面白さを求めても、ただ職を転々とすることになってしまいます。

考えてもみてください。例えば大きな仕事を受けてやりがいを感じていた場合でも、結局は泥臭いことも全てこなしていかなければなりません。そうなると、泥臭い仕事だけ切り取ればめちゃめちゃつまらない仕事になってしまいます。

成功している人ほど、誰よりも泥臭いことをやっています。

なぜそんなことができるのか?それは

『信念を持って仕事をしているから』

です。

本当に自分が実現したいことが頭にあれば、今目の前の仕事がどんなに泥臭くてもやりがいを感じるのです。

この思考をインストールすることで、今後仕事に対する考え方は少し変わってくると思いますよ。

Pocket