Pocket

日本という国で生きる場合、必ずつきまとうのが自分についた

『肩書き』

です。

その中でも特に大きな影響を与えるのが、どの学校を卒業したのかという『学歴』です。

日本の社会では、この学歴で人生がほとんど決まってしまうことも事実です。

例えば高卒の人が、超有名な大企業に就職しようと思っても、書類選考の時点で門前払いになります。学生時代に良い大学に入れなかっただけで自分の未来がある程度決まってしまう‥。それが今までの日本の常識でした。

もちろん今でもそのような風潮は強いですが、実は時代は大きく変わってきています。

学歴のある人たちは大手企業に就職することがブランドであるという考え方は変わっていないかもしれませんが、今の時代は

『学歴がなくても成功できる環境が整っている』

のも事実です。

私のような社会のレールから外れた人間でも、大きな成功を掴むことができるようになったのです。

大前提として学歴はあるに越したことはない!

詳細をお伝えする前に、まず理解していただきたいことは

『学歴は絶対に持っていた方が有利である』

ということです。

もちろん学歴がなくても大きな金額を稼げる成功者になることはできますが、もし自分が生きる環境で良い大学に行けるのであれば、迷わずそちらの進路に進みましょう。

日本はまだまだ学歴社会が根強いです。

『君はどこの大学卒業したの?』

『MARCH以上じゃないとダメだよ』

なんて会話も日常茶飯事なので、この人たちを認めさせるためにも、大卒という肩書きを持っておいて損はないからです。

よく学歴がない人たちが

『人生は学歴じゃないよ』

と話していることがありますが、あれは正しくもあり間違いでもあります。

学歴がなくても成功はできるのですが、学歴がなくては就職できない職業もたくさんありますので、学歴全てを否定することは間違っているのです。

学歴がないと低収入になるのか?

過去に中卒や高卒で会社を立ち上げ、大きな成功を収めるような偉人もいました。なので学歴がなくても成功はできるのは事実です。

しかし一般人が普通にサラリーマンとして働く場合、学歴がなければ人生の選択肢が大幅に狭まることも事実なので、低学歴の人が低収入になる確率は高いと言えるでしょう。

しかしそれも昔の話‥今私たちが生きる現代というのは

『インターネット』

が普及しています。

このインターネットの出現によって、学歴社会の小さな枠組みが壊され始めているのです。

例えば小学校しか行ったことがないニートのような人が、家でインターネットを使って新しいビジネスを立ち上げ、そこから大きな成功を収めていたりします。

他にも、40代になるまで安い賃金で働いていたサラリーマンが、脱サラをして自分でビジネスを立ち上げ、年商数千万の会社を立ち上げることもあります。

私自身がはみ出しものなので、最近はこのような成功者によく会わせていただきます。その中で感じることは

『学歴がなくても成功できる仕組みが作られている』

ということです。

学歴コンプレックスがあっても人生は好転させられる

もし今の段階で学歴にコンプレックスを持っている場合、今の時代に生まれたことに感謝しましょう笑。

確かに学歴があると、肩書き大好きな女の子にモテたり、学歴を重視する年配のおじさんに好かれることもたくさんあります。

しかし学歴コンプレックスがあっても、今の時代は

『人生逆転できるチャンスがたくさんある』

ことも事実です。

重要なキーワードとしては

『社会のレールから外れること』

です。

今まで私たち日本人は、小学校・中学校・高校・場合によっては大学まで進学し、そこから正社員になって働くことが正しいと言われていました。

もちろん今でもそれが正しいルートなのかもしれませんが、この先は間違いなく考え方が変わってきます。

社会人として働く人だけではなく、自分の手で仕事を生み出し、個人で仕事をする人が増えてくることでしょう。その根拠は2つあります。

インターネットが国境をなくしている

2000年に入る前に突如登場したインターネットですが、その当時は誰もが

『こんなでっかい四角い箱が何の役に立つんだよ笑』

と思っていたのですが、今では薄型のノートレベルにまで軽量化され、仕事に欠かすことができないアイテムとなりました。

インターネットがあると、世界中どこにいても情報を取ることができます。日本で大事件が起こっても、地球の反対側のブラジルの人がその情報を知ることができます。

この技術の登場によって、世界中の人が簡単に繋がることができるようになりました。

そして仕事に関しても、今までは日本人が日本人に依頼していたような仕事も、海外にアウトソースして、安く仕事を依頼することが可能になったのです。

日本人は真面目にちゃんと仕事をこなす人種と言われていますが、世界からみると賃金が高いため、日本に仕事を依頼するよりも、発展途上国などに仕事を頼んだほうがコストを抑えることができるのです。

そうなると、どんどん仕事が海外に流れていき、日本人の賃金も低く設定しなければなりません。

今の日本が不景気だと言われる一つの理由も、この仕事のアウトソースが関係しているのです。

大企業が不景気で悩んでいる中で、個人で働く人が企業よりも安く仕事をこなしてくれるのであれば、間違いなくそちらに仕事が流れていきます。

ということは、この先学歴の高い大企業の人たちよりも、個人で働くスキルを持った人が注目されることは必然となるのです。

AI(人工知能)の発達によって仕事が無くなる

そしてもう一つの理由としては、このAI(人工知能)の発達です。

今まで事務的な作業は全て人間が担っていました。面倒なデータ入力や情報の管理も人の手で行っていたため、不正やミスが多発し、それが大きな問題を引き起こしていました。

しかしこれからの時代はAI(人工知能)がそれらの仕事を担うようになります。人工知能は膨大なデータを瞬時に処理できる能力を持っているため、人間がミスばかりしていたものであっても、全くのノーミスで瞬時に仕事を片付けることができます。

そうなれば、事務的な仕事や情報管理の仕事を人間がやる必要がなくなるのです。

この先の時代は

『人にしかできない仕事』

が注目されるようになります。

事務的な仕事ではなく、クリエイティブな仕事が必要とされるため、最近話題のyoutuberやインスタグラマーという働き方がどんどん増えていくのです。

これらの仕事に嫌悪感を抱いている方も多いようですが、時代は大きく変わっているため、いずれ受け入れる時が来るでしょう。

学歴が関係ない仕事ってあるの?

今の段階でも学歴が関係な仕事というのはたくさんあります。考え方としては、学歴が必要がない仕事は

『完全実力社会』

のジャンルです。

例えばFXや株式投資、インターネットを使ったビジネス(マーケティング・ウェブ制作・プログラミングなど)は、自分のスキルを高めることができれば学歴は一切関係ありません。

現に私は学歴が全くないのですが、今あるスキルを評価してくれる企業はたくさんあるため、学歴がなくても会社に呼ばれることもたくさんあります。

自分の脳みそさえあれば仕事ができるようになると、もはや学歴を持つ必要はほとんどなくなります。

重要なのは

『相手にいなくなったら困るような人材になる』

ことです。

もちろん社会に出なくても、自宅で一人で働く選択肢も取れます。学歴ではなく自分だからこそできる仕事を見つけられれば、この学歴大国日本でも成功することは可能なのです。

学歴がなくても大きな金額を稼ぎたい方へ!

では具体的に低学歴の人が大きな金額を稼ぐとなれば、どのような仕事を選択すれば良いのか?ここは気になるところだと思います。

正直な話、学歴が必要ない仕事はたくさんありますが、特に私がオススメするのは

『初期費用が必要ない仕事』

です。

例えばFXや株、不動産を始めようとすると、最初に大きな資金が必要になりますよね?そうなると、知識がない状態でそれらのビジネスを始めても、失敗したら失うお金が大きくなってしまいます。

現時点ではスキルがない状態ですから、なるべく低リスクで始められる仕事を選択すべきです。

私が推奨している働き方は

『インターネットを使ったビジネス』

を始めることです。

ブログを立ち上げて収益を得たり、転売で利益を出す方法など様々ありますが、低コストで大きな収入を得られる方法としては『ブログ』が最強だと思っています。

現に私が脱サラをした理由も、このブログが全ての始まりでしたからね笑。

具体的な方法に関しては、メルマガ内で詳しくお伝えしています。

▼読者に人気のメルマガ

→登録はこちらから!

自分でビジネスを始めると学歴が必要なくなる

何度もお伝えしていることですが、私は学歴がないため、誰よりも学歴コンプレックスを持っていました。なので良い大学を出ている人たちに憧れを持っていることも事実です。

今回の記事で一番お伝えしたいことは、学歴はいらないということではなく

『学歴がなくても成功することは可能ですよ』

ということを伝えたかったからです。

学歴がないと、日本という環境では人生の選択肢が極端に減ってしまうため、狭い世界を生きている方もたくさんいます。

その中には、他の人が持っていないスキルを持っている人や、素晴らしい人間性の方もたくさんいます。

そんな人たちの一つのきっかけを作るために今回の記事を執筆したと言っても過言ではありません。私もビジネスを立ち上げた当初は色々と馬鹿にされたり苦労もありましたが、今では楽しく生きています笑。

学歴縛りによって、小さな枠に放り込まれたのであれば、そんな枠は取っ払っていきましょう!

成功者に中卒・高卒が多い理由

人間はコンプレックスがエネルギーとなる場面もたくさんあります。

例えば、幼少期に家庭の事情で高校や大学に進学できなかった方が、死に物狂いでビジネスに挑戦し、今では大きな会社を立ち上げるまでに上り詰めるような話があります。

この根底にあるのは

『学歴コンプレックスや劣等感』

であるため、このネガティブな要素を悲観的に考える必要はないのです。

むしろ自分がコンプレックスの塊であれば、それを一つのエネルギーに変えていきましょう。

成功している人に中卒や高卒が多い理由も、結局はコンプレックスをバネにして努力した結果です。

仮にこの人たちが高学歴だった場合、同じような大きな成功を収めることは難しかったでしょうね。私たち人間は過去を変えることはできませんが、未来はいくらでも変えることができますよ!

学歴に対する私なりの結論

今回はツラツラと学歴について語ってきましたが、私の結論としては

『学歴は持っておいて損はない。しかし学歴がなくても成功は可能である』

ということです。

今考えると、私は学歴がなくてよかったと思っています。もし自分が高学歴であれば、その肩書きに頼ってしまい、そこまでの努力をしなかったと思います。

学歴がなかったからこその今なので、むしろ

『低学歴の自分ありがとう』

と思っていたりもします。変人ですね笑。

もし普段の生活で低学歴が馬鹿にされるのであれば、そんなことは全く気にする必要はありません。

むしろ

『絶対成功してやる!』

とエネルギーに変えることで、誰よりも大きな結果を残せるはずです。

肩書きがなかったとしても、私のように

『自分に都合の良い解釈』

ができるようになれば、急激に人生は好転していきます。

今回の記事があなたのモチベーションを上げる一つのきっかけとなれば幸いです。

Pocket