Pocket

ふとした時に襲ってくる漠然とした不安‥。

私たち人間は生きる限り常に不安と戦っていかなければなりません。

ちょっとした不安であれば、人間誰しも必ず持っているとは思いますが、場合によっては

『夜も眠れないような強い不安』

を抱えてしまうこともあります。

どんなに漠然とした不安であっても、自分の生活に支障をきたす場合は危ないかもしれません。不安を解消するためには様々な方法が取り上げられています。

  • 食生活の改善
  • 睡眠の質の改善
  • 生活習慣の改善

など、生活を変えることで不安が消えるという話もありますが、根本的な原因は間違いなくそこではありません。

もし私自身が規則正しく生きて食事も完璧にした場合でも、この不安を取り除くことは不可能だと思っています。

それもそのはず、結局人間の不安というのは、大半が『お金』に関することだからです。

ここでは一般的に取り上げられているような不安を解消するための方法ではなく、私たちが生きている限り、必ず乗り越えなければならない不安である

『お金の問題』

について考えてみたいと思います。

ここが改善できれば、おそらく多くの方は眠れないような不安に襲われることはなくなることでしょう。

今の日本の現状を考えると将来に対する漠然とした不安が出てくる

もし私たちが生きている現代がバブルであれば、お金に関する不安を抱えることは少なくなるはずです。

そもそも日本という恵まれた国で、仕事を持っているのにも関わらずお金の不安を抱える理由というのは

『日本の将来に対して悲観的な意見が多い』

ことが根本的な理由だと思います。

周りの人たちの中で

『日本の将来は安泰だ!』

と言い切っている人はどれくらいの割合いるでしょうか?

私の周りの人たちで考えてみると、そのような意見を持っている人はまずいません。むしろ

『俺の仕事は将来的に大丈夫かな‥』

『給料が下がったらどうしよう‥』

と悲観的に考えている人が多く、たまに会うような友達でも不安を抱えている人はたくさんいるのです。

働いている人以外でも、主婦になってから子供の将来・老後のことを考えるとお金に対する不安が強くなる人もいます。

どんな環境であっても、今この時代を生きている日本人のほとんどは将来に対する漠然とした不安を持っているのです。

人口減少が進んでいる国で景気が良くなった事例は過去にない

不安を煽るわけではありませんが、私たちの将来を具体的に想像しておくことも大切です。

現在日本は8年連続で人口が減少しているというデータがあります。今の状況では、この先もどんどん人口が減っていき、労働人口が少なくなり、逆に働けないお年寄りがどんどん増えていきます。

そうなると、若い世代が活躍している海外の発展途上国に追い抜かれていき、今後日本はさらに不景気になると言われているのです。

もちろんAIの発達や外国人労働者の受け入れをすることで対策も練られているようですが、日本人の人口が減るという事実は変わることはないため、この先景気がバブルの頃に戻ることはまずないと考えられるのです。

仕事に関しても、日本は高いお金をもらって働いているのが現状ですが、今後今受けている仕事を海外にアウトソースし、格安の金額で仕事ができるようになります。そうなれば、日本という国に仕事を依頼する人が減っていくため、今よりもさらに給料が減る可能性が高いのです。

人口が減少することに対する深刻さを深く理解している人は一部の人たちだけですが、今の働き方を続けていても、最終的に暗い未来を歩むことになるかもしれないのです。

不安の大半を占めるのが『お金』の問題

私たち人間が生き続ける限り、常に不安は出てきます。人間関係や仕事に対する不安もあるとは思いますが、やはりその大半を占めているのが『お金』の問題です。

これを話すと多くの日本人は

『お金がなくても幸せに生きられる』

と言いますが、果たして本当にそうでしょうか?

私からすると、お金がなくても幸せに生きられるかもしれませんが

『お金があったほうが今より間違いなく幸せになれる』

と思っています。

家庭を持っているのであれば、毎週末外食に出掛けたり、子供の将来のためにお金を考えずに習い事に通わせることもできます。

それ以外にも、毎年海外旅行を計画したり、マイホームの購入も選択肢に入るかもしれません。

独身として働いている人でも、お金を考えずに仲間を飲みに誘ったり、週末はアクティブにリゾートに出かけて楽しむこともできます。

お金と聞くとほとんどの人が話題から排除しようとしますが、この不安の根本である部分から目を背けている限り、本当の意味で不安を解消できないのです。

もし今手元に5億円あったら眠れないような不安は出てくるか?

想像してみてください。あなたがいつも通りに生活をしている中、突然目の前に5億円のお金が渡されたとします。今後そのお金はあなたが自由に使えるお金であるため、何に使おうとも誰にも文句を言われることはありません。

そうなった場合、今自分が抱えている不安はどれくらい解消されるでしょうか?

これだけの大金があればこの先人生でお金のことを考える必要はなくなります。その不安から解消されれば、あとは自分の人生をどれだけ楽しむかに考え方をシフトすることができますよね?

もちろんその先は人間関係やその他の不安が出てくるとは思いますが、それでも

『過去に抱えていた不安に比べると大したことはない』

と思えるはずです。

これを考えると、やはり私たちがまず最初に解消すべき不安というのは、間違いなくお金になるのです。

不安が出てきたらまずやるべきこと

とはいえ、現実はそんな大金を簡単に手に入れることはできません。今の自分の現状や仕事のことを考えると、この先もお金に関する不安を考え続けることになるでしょう。

ですがずっと同じことを考えてネガティブになっていても仕方がありません。この先の自分の人生を明るくするためにも、不安が出てきたら真っ先にやるべきことがあります。

一番最悪なのが

『現実逃避をすること』

です。

いくらこの問題から目を背けても、結局最終的にはあなたの目の前に大きな問題となって立ちはだかります。そうなる前に、今この瞬間から行動を起こしましょう。

自分が抱えている不安を文字に起こしてみる

どんなことでもそうですが、問題が起きたらまず最初にそれを文字に書き起こしてみましょう。

この時にもし書き起こすことができないのであれば、それは自分自身の問題点を分かっていないことになります。それが一番問題です。

抱えている不安に関して文字に書き起こせないということはまずないとは思います。例えば会社員として働いているのであれば

  1. 会社の人間関係の悩み
  2. 給料の低さ
  3. リストラ問題
  4. 残業が多い悩み
  5. ブラック企業だった

など、自分にしか分からない会社の悩みをとにかく書き出してみます。

会社内では上の立場にいる場合でも、自分自身にとってはそれがストレスとなっていることもありますので、とにかく問題だと思うことは書き起こしていきましょう。

その不安を解消するための方法を具体的に考えてみる

一通り不安を書きだせたら、次はその不安を解消するための具体的な方法について考えてみましょう。

最初に言ってきますが、ここで具体的な方法を書いてもすぐに解決することには繋がりません。ここで重要なのは

『不安を解消するための選択肢がどれくらいあるのかを知る』

ことです。

例えば会社の給料が低いというのが悩みであれば

  • 給料が高い場所に転職する
  • 副業を始める
  • 生活費を節約する

などの選択肢が出てきます。自分が書き出した不安の解消法を考えてみると、ある程度頭の中が整理されます。

その中で行動に移せるものがあればすぐに始めてみても良いですし、大きな決断が必要になる場合は時間を置いて考えてみるのも良いでしょう。

将来よりも今現在何をすべきかを導き出す

今抱えている不安が明確になり、その具体的な解決方法がある程度出揃ったら、あとは自分がどのような選択肢を取るかを決めるだけです。

多くの人は、将来的な不安を抱えていても、現状を変えようとせずに同じことを繰り返してしまいます。

これから自分の不安を払拭しようと思ったのであれば、まず最初に将来のことではなく

『今の自分に何ができるのか?』

を考えるようにしましょう。

正直な話、将来日本がどうなっているかなんて誰にも分かりません。今は悪い方向に進む可能性が高いことだけは想像できますが、100%その想像が現実となるはずもありません。

ということは、未来に対する漠然とした不安を抱えるよりも、今の自分に何ができるのかを考えることが不安を解消するための一番の手段となります。

『目先のことに全力を注ぐ』

ことこそ漠然とした不安を取り除く一番の対処法なのです。

不安は自分のステージを上げるための要素でもある

不安を持つことはネガティブな要素だと捉えられがちですが、私からすると

『不安は大歓迎すべきポジティブな要素』

です。

考えてもみてください。例えば1週間後に日本の食べ物は全てなくなります!とアナウンスがあった場合、人は必ず日本という国を飛び出して海外に食べ物を求めることでしょう。

『海外に行く』というのは日本人にとって大きな決断となります。しかし『食べ物がない』という不安を抱えるだけで簡単にその決断を下すことができるのです。

不安があるからこそ、大きな決断をして行動を起こすことができるため、これを上手く利用すれば『自分のステージを上げる』ことに使えるのです。

人間というのはとにかく面倒臭がりです。世の中で成功している人が1%以下である理由も

『行動が起こせない』

ことが原因なのです。

ですが不安な要素を持っていると、人はその面倒な行動を瞬時に起こすことができるようになるため、自然と成功する可能性も高まるのです。

こんなポジティブな考え方をしている人は私以外にどれだけいるか分かりませんが、今自分が抱えている不安を解決するだけではなく

『自分の成長』

のために不安を使うという考え方もできるということです。

視野が狭いと不安は大きくなっていく

100%不安を解消することはほぼ不可能です。人は不安を解消するための行動を取ることができますが、今の環境で行動を起こすことが難しいこともあります。

そうなると、不安は抱えているが、その不安を解消するための行動ができないことになるため、ちょっとした不安がさらに大きな不安へと膨らんでしまうのです。

つまり狭い視野(世界)でしか物事を考えていない場合、ちょっとした不安がとてつもなく大きくなるのです。

これは学生時代を思い出してみると分かりやすいです。学校に通っているときは、その学校内でのコミュニティが自分の今の世界になります。となると、学校でトラブルや問題が起こった場合、その不安を常に抱えることになるのです。

大人になれば

『学校なんて世界が小さすぎる』

と思えますが、子供にとっては学校が自分の人生の大半を占める環境になります。そうなると、大人が馬鹿馬鹿しいと思えるような悩みでも、子供にとっては深刻な問題となってしまうのです。

いじめや友人関係のゴタゴタで自殺してしまう子供が増えている理由も、視野が狭く

『周りが思っている以上に不安が大きくなっている』

ことが原因ですからね。

お金の問題を解決するための具体的な方法

お金の不安を解消する方法に関しても、狭い視野で考えると気持ち的にも辛くなってきます。

大切なことは

『お金の問題を解決するための選択肢はたくさんある』

ということです。

今の時代、行動に起こすことさえできれば人生を大きく変えることができます。数十年前は会社組織で働くことしか選択肢にありませんでしたが、現代は私のように新しい働き方をしている人も増えています。

ではこの先お金の問題を解決するために今何ができるのか?その具体的な方法を考えてみましょう。

貯金を始める

お金持ちはお金を使わないからお金持ちになれます。貯金をするということは何一つ難しいことではありませんが、ほとんどの人が途中で挫折してしまいます。

将来のことを考えて貯金を一つの選択肢にすることは大切です。ある程度のお金を貯めれば人生の選択肢も増えますし、新しいことに挑戦する資金源にもなります。

事実、お金がネックになり行動を起こせないこともたくさんありますので、まずはその問題を解消する必要があります。

ここで大切なのは

『貯金が目的になってはいけない』

ということです。

貯金をすることは大切ですが、重要なのは

『貯金をして自分が何をしたいのか?』

を明確にしておくことです。

新しいスキルを身につけるために学校に通いたい!だから貯金する!というように、自分が行動したいことを明確にしてから貯金を始めましょう。

ただし

『貯金をしてマイホームを買う!』

といった消費行動を目標にするのは避けてください。

いくら貯金をしても、それを消費に使ってはお金の悩みを解決することは不可能だからです。消費と投資の違いを明確にすることも忘れずに。

収入の良い仕事に転職する

今の仕事の給料に満足しているのであれば問題ありませんが、もし給与面に不安があれば新しい仕事を探すという選択肢もあります。

最近では労働人口が減っているため、中途採用の人材確保に躍起になっている企業も出てきています。となると、以前よりも俄然転職活動がやりやすくなっているため、新しい仕事を見つけて収入をアップさせることもできるのです。

収入面だけを考えた転職はあまりオススメしませんが、それでも収入がアップすれば選択肢が増えますし、今までよりも生活が充実することになります。

ブラックな環境で働いている、賃金が低い、人間関係が最悪などの悩みがある場合には、転職活動も視野に入れておきましょう。

新しい収益源を確保する

私自身が最もお伝えしたいのはここです。やはりこの先の日本を考えてみると、どう考えても給料が大きくアップする可能性は低いです。となれば、会社員としての給料をアップさせるよりも、新しい収益源を自分自身で作ることを考えるべきでしょう。

今はインターネットを使えば自分でビジネスを立ち上げられますし、仮想通貨を使えば世界中の人とお金のやり取りもできます。となれば、わざわざ一つの仕事にこだわる必要はないのです。

収益の柱が一つ増えるだけでも、金銭的な不安は和らぎます。仮に会社員をクビになっても、自分の力で稼げるスキルを身につけることができれば選択肢も増えますからね。

ブログなんかは取り組みやすいものの一つと言えます。

これからは、大きな組織で働くよりも『個人』が活躍する時代が必ずやってきます。新しい時代の波に乗り遅れないためにも、収益源を複数確保することを考えてみてはいかがでしょうか。

今の時代新しい働き方はいくらでもある

私の周りにも個人として活躍する『元会社員』の方はたくさんいます。

ネットを使って働くというのは、なぜか一般の人から怪しいと思われがちですが、実際は全くそんなことはありません。むしろ今の時代

『インターネットを取り入れていない企業は軒並み赤字になっている』

のが現実です。

ここ数年で時代は大きく変わり始めています。

今まで当たり前と言われていた働き方も、これからは時代遅れになる可能性が高いのです。

その一つの理由がAI(人工知能)です。AIが使われたロボットが開発されれば、今やっている単純作業のほとんどをロボットが担います。そうなれば、今度はロボットを使う側の一部の人以外を雇う必要はありません。

逆にAIにはできない働き方ができれば、自分一人で食っていくことも難しくはないのです。数年前誰がyoutuberという仕事ができることを予想したでしょうか?

もうすでに時代は大きく動き始めています。この先の未来を明るくするためにも、小さな枠にとらわれない働き方を見つけていきましょう!

Pocket