Pocket

多くの成功者は、共通してある時期に人生の転機を経験しています。

しかし勘違いされがちなことですが、普段何も行動を起こしていない人が、家でゴロゴロしながら

『何か良いこと起こらないかな~』

と考えていても、ここに人生の転機が訪れることはまずありません。

最悪な出来事が起こり『このままじゃヤバい‥』と奮起することはあるかもしれませんが、それが人生の天気かと言われると、なかなか微妙なところです。

人生においてチャンスは待っていてもやってきません。積極的に自分から掴み取りにいく必要があります。ここでは実際に転機を経験した人に何が起こったのか?どのようにしてそのチャンスを掴みとったのか?について掘り下げていきましょう。

もしかしたら、すでにあなたの目の前にも転機が訪れているかもしれませんよ。

人生には数回大きな転機が訪れる

どんな人であっても、人生には必ず転機というものが訪れます。もし今までの人生で転機を経験したことがないという人は、年齢が若いか、もしくは『それを転機だと気づかずにスルーしてしまった』可能性が高いです。

例えば自分が生きていて

『うわー、あの時やっておけば今頃‥』

というイベントは今まで起こったことがありませんか?

過去を悔やんでも仕方がありませんが、この時にアンテナを張り気づいていれば、そのチャンスを掴めたかもしれないのです。

あの時こうしておけばよかったという出来事が起こっているということは、そこであなた自身の転機が訪れていた可能性が高いのです。

では実際に、転機を経験した人たちにどのようなイベントが起こり、何がきっかけでそのチャンスに気づくことができたのでしょうか?

人生の転機で起こると言われていること4選

すでに成功している人たちが、人生の転機として起こったことにはいくつか共通点があります。その中で特に多い出来事を5つご紹介しておきます。

意味分からんくらい悪いことが続く(どん底)

これは誰もが聞いたことのある話だと思いますが、人生が大きく好転する前に、なぜか悪いことが起こり『人生のどん底』を経験することがあるようです。これは成功者の自伝書などを見ると分かります。

現在大企業の社長をしているような人も、過去にとてつもなく苦しい時期を乗り越えている人がたくさんいます。

身内の不幸

親しい人の裏切り

事業の失敗で多額の借金を抱える

など、立て続けに悪いことが起こることもあるのです。もし普通の人が同じような経験をしていたら、心が折れてしまいそうな話でも、成功者たちはこれを笑って話すことも多いです。

人生が好転する前には必ずと言っていいほど軌道修正するために辛い出来事が起こることが多いようです。もし現在あなたが辛い経験をしている真っ最中なのであれば、もしかしたらそれがあなた自身の人生を好転させるための軌道修正なのかもしれません。

ちなみに私は大きな結果を出す前にどん底のような経験をしたことがあります。

なぜか1日中眠くなる

少しスピリチュアル的な話ではありますが、人生の転機が訪れる前というのは、なぜか1日中眠気があるという話があります。

一つの説としては、人生が変わる時には自分の守護霊も一緒に働いていると言われているため、眠りに落として夢の世界でメッセージを伝えようとしているのです。他にも眠りが強くなるのはあの世に里帰りをしているという話や、転機が訪れる前にエネルギーを蓄えるという意味もあるようです。

普段とは違い

『最近なぜか寝ても寝ても眠いな~』

と思うようなことがあれば、もしかしたらあなたの転機が近づいているお知らせかもしれません。

この眠くなるという体験も、実は私は体験していました。その時はただの眠気だと思っていたことも、今考えると転機が起こる前の出来事だったのかなと感じています。

今自分がやっていることに一切興味がなくなる

大きく人生を好転させて成功する人たちは、常に新しいことに挑戦しています。その中で、人生の転機が起こる際には

『今まで自分が夢中になっていたことに全く興味がなくなる』

のです。

新卒で会社に入社してから仕事を続けていると、ある日突然今自分がやっている仕事に全く興味がなくなることが起こることがあります。この時に多くの人はその感情を押し殺して仕事をこなそうとしますが、実はこれこそが人生の転機である可能性があるのです。

もちろんやる気が出ない・会社に通うのが嫌だという感情は転機とは異なりますが、自分の能力がある一定のラインを超えると、さらに新しい環境に飛び込みたくなる気持ちが芽生えてくるのです。

これは友人関係でもそうです。今まで居心地が良いと感じていた学生時代の仲間との交流も、仕事を始めてから話が合わなくなり、いつの間にかその仲間に所属することが苦痛になっていることもあります。

興味がなくなると聞くとネガティブなように聞こえますが、これは自分のステージが上がり

『今までの環境では満足できない』

というポジティブな感情と言えるのです。この気持ちを押し殺してしまうとチャンスを逃すことにもなりますので、転職や独立などを視野に入れ、新しい環境に目を向けることも考えてみましょう。

生活をガラッと変えたくなる

これは自分がやっていることに興味がなくなることと共通する部分ですが、今の自分の生活をガラッと変え、新しい環境に飛び込みたいという衝動が出てくることも人生の転機だと言われています。

環境だけではなく、身なりや持ち物をガラッと変えたいという気持ちも芽生えてくると言われています。言ってしまえば人生の断捨離をしたくなるということです。

新しいことに挑戦するためにはそれだけエネルギーが必要になります。断捨離を行うことによって、古い考え方を捨てて新しいことに全てのエネルギーを注ぐことができるため、今の生活をガラッと変えたい衝動に駆られるのです。

もちろんここでも気持ちを押し殺して現状維持を選択する人もたくさんいます。どちらが正しいとは言えませんが、今の自分の生活に少しでも違和感を感じたのであれば、まずは掃除や模様替えなどで気持ちをリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

転機でチャンスを掴める人・掴めない人の違いとは?

人生というのは一人一人全く違うため、もしかしたら人によっては人生の転機が起こらない人もいるかもしれません。成功というのは『自分の行動』によって引き寄せることができます。

毎日家でゴロゴロしてゲームをしているだけでは、まず人生の転機が起こることは考えづらいでしょう。唯一平等なのは

『生きている時間』

です。

同じ時間を過ごしていても、ここまで大きく人生が違うのは、やはり

『チャンスを掴める人・掴めない人』

の考え方が全く違うことが大きな要因です。

チャンスを掴める人は変化に敏感である

毎日同じような生活をしていたとしても、昨日と全く同じ生き方ができるかと言われれば、そんなことはありませんよね?

同じような電車に乗っても、昨日は何事もなかったのに、今日同じ電車に乗ったら、近くの人のイヤホンの音が漏れてうるさかったり、強引に乗り込もうとしている人に思いっきりぶつかられるということもあります。

些細なことではありますが、日々の生活には必ず変化が起こるのです。電車で痴漢されそうな女の人がいて、たまたま近くにいた自分がその人を助けたら、後々その人と交際が発展し結婚することも起こります(私の知り合いの話w)。

これも日常の変化に敏感になっていなかったら絶対に結ばれることのなかった縁でもあります。

実は気づいていないだけで、日常にはたくさんのチャンスが転がっています。変化に敏感な人は、これらのチャンスを掴み取ることで大きな成功を収めている可能性が高いのです。

チャンスを掴めない人は悪い方に考えてしまう

逆にチャンスを掴み取れない人というのは、自分の目の前で起こった変化を

『悪い方に考えてしまう』

のです。

例えば仕事で大きな失敗をしてしまった場合、悪い方に考えてしまうとどこまでも気持ちが落ちていきます。しかしこのような出来事が起こった時に、悪い方向に考えず、むしろ

『悪い出来事をチャンス』

だと捉えると事態は大きく好転していくこともあるのです。

仕事で失敗をした→俺はダメな人間だ‥と終わるのではなく、仕事で失敗をした→ミスをしてしまったのは自分の責任→今後ミスをしないためにはどうすれば良いか?と改善する方向に考えていくと、最終的に自分の成長にも繋がりますし、そこで大きな転機が起こることも考えられます。

ネガティブに捉えてはいおしまい!だと、その後に起こるであろうチャンスを掴み取ることができないのです。どん底から這い上がって復活を遂げた人たちも、そこで諦めることなく挑戦し続けた結果、今の成功を掴みとっているのです。

絶好のチャンスは最悪のタイミングでやってくる

人生の転機というテーマで色々とお話ししてきましたが、私が一番お伝えしたい言葉は

『絶好のチャンスは最悪のタイミングでやってくる』

ということです。

これは私が好きな思想家である『ジョセフ・マーフィー』という人物の言葉ですが、今までの人生を振り返ると、この言葉を早い段階で聞いていれば多くのチャンスを掴み取れた気がします。

人生を生きているとよくあることですが

『今じゃなければいいのに』

『来月だったらできるのに』

『夜なら空いているのに』

というイベントが発生することがありますよね?

なかなか会うことができない人から突然連絡が来て

『今日の夜空いてる?』

と言われても、その日は会社の外せない会議だったという話もたくさんあるでしょう。

ここで絶好のチャンスは最悪のタイミングでやってくることを理解しておけば、どうにかしてそこで行動を起こすこともできます。これからあなたの目の前で起こる人生の転機も、もしかしたら最悪のタイミングで現れるかもしれません。

どんな状況であっても、後々の人生で後悔しないためにも、必ずこの言葉を覚えておきましょう。

まとめ

人生の転機に関する説は色々とあります。

  • 手相が変わる
  • 偶然の一致を体験する
  • 今まで見たことがない夢を見る

など様々な話がありますが、これらを表面的に理解しても仕方がありません。結局人生を選択するのはあなた次第です。

あなたが日々どんなことにアンテナを張っているのかによって、面白いくらい人生は変わっていきます。些細なことであっても、それが一生の伴侶を見つける出来事になるかもしれませんし、大きなお金が流れ込んでくる仕事に繋がるかもしれません。

どんなことが起こるか分からないから人生は面白いです。

『これが人生の転機に繋がるかもしれない』

とチャンスに敏感に生きている人と

『なんでこんなことが起こるんだよ‥』

とネガティブに考えている人とでは、同じ出来事が起こっても未来は大きく変わって来ます。

人生の転機に関して表面的に捉えずに、今後目の前に起こる様々なイベントを成功に繋げるというマインドを持って生きましょう。

Pocket