Pocket

本業での収入アップに期待できない中、今サラリーマンや主婦がインターネットを使って新しい副業を始めています。

数年前まではインターネットのビジネスと聞くと『超怪しい』というイメージでしたが、スマホが普及し、誰もが手軽にインターネットを使えるようになってからは、個人でも大きな金額を稼ぐ人が続々と出てきています。

むしろこれからの時代はインターネットを使いこなせる人は稼ぎを増やしていき、逆に上手く使いこなせない人たちは時代に取り残されていくことでしょう。

今この記事を読んでいるあなた『インターネットを使いこなせる自信はないが、もしできることならパソコンを使って個人で仕事をしたい』と考えているのではないでしょうか?

なのでここではネットを活用した副業が初心者にオススメできる理由についてご紹介していきます。

これからの時代は副業が当たり前になる

日本の現状、そして時代の変化によってこの先ホワイトカラーの給料が大幅にアップすることは期待できません。そうなると、本業をやりながら自分自身で稼ぐことができる副業を見つける必要があります。

とはいえ、副業でアルバイトを選んでしまうと、時間労働型収入となるため大きな金額を稼ぐことは難しいです。自分の時間を売ってお金を得る働き方というのは、副業には全く適していないのです。

肉体労働型の収入では必ず頭打ちになる

日本人はとにかく真面目であるため、どれだけ気合いと根性で働けたかが重要視されがちです。残業すると偉いという風習はちょっと視点がずれていると思いますが、それでも長い時間頑張っている人・徹夜で仕事をしている人が偉いというような会社があるのも事実です。

しかしそのような肉体労働型収入では必ず頭打ちがきます。そもそも効率よく仕事をこなすことができれば残業をする必要はありませんし、アウトソースをして自分の仕事を人に投げれば無駄な仕事をしなくて済みます。

これからの時代は、肉体労働型収入を得るのではなく『頭脳労働型収入』を得ることに価値が見出されていくでしょう。

AI(人工知能)がさらに発達すれば、単純作業や事務的な作業は全てロボットが行ってくれるようになりますからね。

ネットを使った副業を初心者に推奨している理由

副業として最短で稼ぎたいのであれば、時間労働型収入である仕事を選ぶとその日に給料が発生します。しかしこの働き方は『自分の時間を売って対価を得ているだけ』なので、自分自身のためになりません。

ですがインターネットを使い自分の手でビジネスを始めることで、ネットで稼ぐためのスキルを身につけることができるため、ビジネスの本質を学ぶことができます。

『自分はネットを使ったことがない初心者だから無理』だと思っている人は多いですが、そもそも私自身も最初はインターネットを使ったことがない素人でした。

タイピングも全くできなかった頃は『こんなんで稼ぐのは無理やん笑』と一人で笑っていました。しかし今ではネットを使った仕事で月に数百万円以上の報酬を得ています。

副業の種類が豊富に揃っている

いきなり自分でビジネスをやるのはちょっと難しそう‥。そんな場合でも、インターネットの副業には数多くの仕事があるので安心してください。

例えば最初ネットを使った仕事に慣れるために、企業からの仕事の依頼をこなす『クラウドソーシング』を利用するのがオススメです。例えば企業側が『このネタで記事を書いてくれる人を募集します』という依頼があれば、そこで実際に記事を書いて企業側に納品すれば報酬を頂くことができます。

クラウドソーシングサイトを利用するだけでも、月に5万円以上の報酬を得ることは可能です。注意点としては、これらの案件は企業側が提示した金額以上を稼ぐことができませんので、大きな金額を稼ぐことは難しいです。

ネットビジネスを始めた当初はクラウドソーシングサイトで稼ぎ、そこから本格的に自分でビジネスを展開できる流れが理想的です。

ネットビジネスは正しい方法で継続すれば必ず稼げる

私自身も最近は普通の主婦の方やサラリーマンの方にインターネットビジネスを教えていますが、そこで結果を出している人はたくさんいます。なので『ネット初心者でも稼ぐことは可能』だということを実際に目の当たりにしているため、自信を持ってネットビジネスをオススメしています。

今の時代ネット環境さえあれば誰でも安全に収入を得られる時代になっていますので、正しい方法を継続して実践することができれば必ず稼げるようになります。

自分でビジネスを始めた当初は何から手をつけて良いかが全くわかりませんが、その時に教えてくれる人がいることで、正しい道へと導いてくれます。一度稼ぎ方が分かってしまえば、そこからは急激に成長していくことが可能です。

今後テレビを視聴する人よりも『インターネット』を利用する人が増えることがデータでも予想されていますので、そうなるとネットビジネスを実践している人たちは、さらに稼ぎやすい環境が整ってくるでしょう。

レバレッジをかけることが可能

インターネットを使ったビジネスの最大の魅力は『レバレッジ』を掛けられることです。

例えばリアルビジネスの場合、営業マンは一人一人にアポを取り自社の商品を紹介していきますが、インターネットを使えば1対複数でのビジネスを展開することが可能です。

自分のサイトに毎月1万PVのアクセスを集めることができれば、1日に数千人以上の人たちに商品を見てもらうことができます。リアルビジネスではありえないことをネットでは実現できてしまうため、とにかく収益を得られる速度が圧倒的に早いのです。

自分のブログを運営し、そこにコツコツ記事を貯めてアクセスを集めることができれば、それだけでも十分ビジネスを展開することが可能なのです。

商品がなくてもビジネスを展開できる

ビジネスをするのであれば、必ず自社のサービスや商品が必要となってきますが、ネットビジネスに関しては商品を持たなくてもビジネスを展開することが可能です。

というのも、実際にネットを使って人を集客するのはコツが必要です。そのため、ネットを使わずに商品を売っている人たちは『どうやって商品をネットで売ったら良いかがわからない』と思っています。

その人たちが気軽に商品を売ることができるサービス『ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)』というものがあり、ここに商品を登録することで、ネットを使った収穫ができる人に自社商品を販売してもらうことができるのです。

ということは、私たち商品を持っていない人たちは、その商品を売ることで紹介報酬を得ることが可能なのです。もっと言ってしまえば、googleが提供しているアドセンス広告というものを利用すれば『広告を貼りアクセスを集めるだけ』で収益を発生させることができるのです。

ネットビジネスが難しいと感じていた方も、やり方次第では簡単に報酬を得ることができるのです。

本業を超える収入を得られる

レバレッジを掛けられることからも分かる通り、このネットビジネスはやり方次第でとてつもない収益を得ることができます。実際に副業でネットビジネスに取り組み、そこで本業を超える収入を得てから会社を辞めて独立した人たちを何人も見てきました。

初めは副業でちょっと稼ごうとしていた方も、コツコツ努力を重ねて驚くほどの収入を得られた人もいます。もちろんわざわざ本業を辞める必要はありません。

しかしそれだけの可能性を秘めていることを事前に理解しておけば、ネットビジネスに対するモチベーションも大きく変わってくることでしょう。

自分で稼ぐスキルが身につく

今まで一つの会社に依存した生き方をしてきた人も、これからの時代で自分の会社がずっと安定して存続すると楽観視できないはずです。10年以上続く会社は全体の1割以下とも言われていますので、これからの時代はより厳しい時代となっていくことでしょう。

おそらく定年退職という言葉も死後になると思います。万が一会社がなくなった場合、次の仕事を見つけるまでは収益源を確保することもできません。

しかしネットを使った副業をしていることで、会社の倒産やリストラが起こったとしても、自分の手で稼ぐというスキルが身についていますので、気持ちにも余裕が生まれます。

会社で働くことを否定するわけではありませんが、それでもこれからの時代は『収益の柱を複数持つ』ことが生き残るための必須条件となっていくはずです。

ネットもリアルもお金稼ぎの本質は変わらない

いつの時代もお金稼ぎの本質は変わりません。現代もネットというツールが登場しただけで、リアルと全く同じように『人』を相手にしてお金を稼ぐのです。

よくネット=怪しいという言葉を言われますが、そもそもネットというのはただのツールであって、その向こう側には必ず人がいます。もちろんインターネットを使って怪しいビジネスをしている人はいますが、その人たちはネットがない時代でも怪しいビジネスをやっていたはずです。

この先ネットよりも便利なツールが生まれれば、おそらくそこでも怪しいビジネスは必ず出てくるでしょう。逆にちゃんとしたビジネスをしている人もたくさんいますので、変な固定観念を持たずに柔軟な思考でビジネスを実践することが重要です。

私の考えでは『ネットビジネスは、企業に属さない個人が稼ぎやすい環境』だと思っているため、副業にネットビジネスを選ぶのは効率の良い選択と言えます。

ネットを使ったオススメの副業はどれ?

副業としてこれから本格的にネットビジネスを始める場合、初心者が最も稼ぎやすいジャンルはどれなのか気になりますよね?

PPC広告

転売

アフィリエイト

アドセンス

メルマガ

など様々な手法がありますが、この中で私が最もおすすめする副業はこちらになります。

初心者はアドセンスアフィリエイト一択

  • 今までネットビジネスをやったことがない
  • 文章を書くスキルがない
  • タイピングが苦手

初心者がネットビジネスを実践する場合、いくつか乗り越えなければならない問題がありますが、それらを考慮した上で一番おすすめしたいのは『アドセンス』になります。

途中でもお伝えした通り、アドセンスというのは『ブログにアクセスさえ集めることができれば稼げる手法』となります。この手法はとくに物を売るスキルなどは必要ないため、アクセスがそのまま収益として跳ね返ってきます。

ブログ運営というのはネットビジネスでも特に重要なポイントとなりますので、ここで最低限のスキルを身につけることができれば、他ジャンルのネットビジネスでも結果を出すことが可能です。

記事を執筆し、そこにお客さんを集めて広告をクリックしてもらう。シンプルに言ってしまえばこれだけの作業でお金を稼ぐことができるため、アドセンスは初心者にとっても参入しやすいビジネスモデルなのです。

絶対にやってはいけないネットの副業

もし本当に副業としてネットを使うのであれば、絶対にやってはいけない副業がいくつかあります。

データ入力業務・アンケート

せっかくインターネットを使って仕事をするのに、データ入力業務やアンケートに答えるだけの仕事だと、スキルが何も身につきません。というより、この仕事は単純作業となりますので、ただ時間を消費するだけの仕事となります。

楽に稼げる方法ではありますが、将来的なことを考えると絶対に避けるべき仕事の一つです。おそらく数年後にはAI(人工知能)がこの仕事を担っていることでしょう。

これからの時代は『誰でもできる仕事』は淘汰されていきますので、このような単純作業を繰り返す仕事はなるべく断るようにしましょう。

youtuber

自分の媒体を使ってビジネスをする場合、このyoutuberという職業も頭に思い浮かぶと思いますが、すでにこの市場はレッドオーシャンと化しています。

もちろんyoutubeで稼ぐことはまだまだ可能ですが、それでも初心者がいきなり参入して稼ぎ続けるというのはなかなか難しいです。

どのようにして自分の動画を多くの人に見てもらえるのか?というマーケティングの思考を持っていれば結果を出すことはできますが、動画を作れば誰かが見てくれるはず!と思っている場合には、youtuberで稼ぐことはできません。

すでに大きな結果を出しているyoutuberは、誰よりも泥臭く作業をしているのが現実です。ここを超えられる自信があるのであれば、今から参加してみても面白いと思います。

まとめ

これからの時代のことを考えると、インターネットというツールを使いこなせる一部の人種が得をすることになるはずです。現在人の手で行っている仕事の多くがAIに切り替わり、左脳型の仕事はほとんどなくなると言われています。

そうなると、ロボットにはできない自分だけのスキルを身につけておくことが、これからの時代を生き残るための術となるでしょう。

ネットビジネスは難しく考えられがちですが、実はそんなに難しいことはありません。基本的なことを覚え『ユーザー視点』で物事を考えられるようになれば、結果を出すことは可能です。

まだまだ伸び代のある市場でもありますので、今のうちにこの業界に参入して大きな収益を得てみてはいかがでしょうか?

Pocket